稲城市(読み)いなぎ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

稲城〔市〕
いなぎ

東京都中南部,多摩川右岸にある市。南は神奈川県川崎市に接する。 1957年町制,71年市制施行。第2次世界大戦中,北西部の台地上に軍関係の施設があったため,戦後まで農村的機能を維持した地域である。多摩川の沖積地では,ナシが栽培されている。川崎と立川を結ぶ JR南武線が通じるが,都心への交通機関には恵まれなかった。 74年京王帝都電鉄相模原線が延長されて,都心と直結する道が開かれ,丘陵地や耕地の宅地化が急速に進展,隣接の八王子市多摩市とともに多摩ニュータウンを形成。面積 17.97km2。人口 8万7636(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

稲城市の関連情報