コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稲毛神社 いなげじんじゃ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

稲毛神社
いなげじんじゃ

神奈川県川崎市川崎区宮本町に鎮座。武甕槌神(たけみかづちのかみ)を主祭神とし、経津主(ふつぬし)神、菊理媛(くくりひめ)神、伊弉諾(いざなぎ)神、伊弉冉(いざなみ)神を配祀(はいし)する。社伝によれば、景行(けいこう)天皇東巡のおり当社に祈願して賊難を避けたという。また、欽明(きんめい)天皇は東国の動乱鎮撫(ちんぶ)のため勅願所(ちょくがんじょ)とされたという。1592年(天正20)の水帳(検地帳)には社領21石余とあり、また1599年(慶長4)徳川家康より朱印地20石を受けた。初め武甕槌神社と称したと伝え、のちに山王(さんのう)社と改称、明治初年に稲毛庄(しょう)の庄名により現社名となった。旧郷社。例祭は8月1~3日で古例の宮座式と神輿(みこし)の渡御(とぎょ)がある。[土岐昌訓]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

稲毛神社の関連キーワード神奈川県川崎市川崎区宮本町検地帳

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

稲毛神社の関連情報