コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稲津祇空 いなづ ぎくう

5件 の用語解説(稲津祇空の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

稲津祇空

江戸前・中期の俳人。和泉生。初号は青流、別号に石霜庵・敬雨・有無庵等。榎本其角に学ぶ。享保18年(1733)歿、71才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

いなづ‐ぎくう【稲津祇空】

[1663~1733]江戸中期の俳人。大坂の人。別号、敬雨。江戸に出て其角(きかく)に師事。宗祇(そうぎ)を慕い、祇空と号した。その俳諧は法師風といわれ平明であった。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

稲津祇空 いなづ-ぎくう

1663-1733 江戸時代前期-中期の俳人。
寛文3年生まれ。榎本其角(えのもと-きかく)にまなぶ。正徳(しょうとく)4年(1714)箱根湯本飯尾宗祇(そうぎ)の墓前で剃髪(ていはつ)。常盤潭北(ときわ-たんぽく)と東北を周遊し,「烏糸欄(うしらん)」をまとめる。その俳風は法師風といわれた。享保(きょうほう)18年4月23日死去。71歳。和泉(いずみ)(大阪府)出身。初号は青流。別号に石霜庵,敬雨,有無庵など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

稲津祇空

没年:享保18.4.23(1733.6.5)
生年:寛文3(1663)
江戸前・中期の俳人。通称は伊丹屋五郎右衛門。別号は青流,敬雨,竹尊者,玉笥山人,有無庵,石霜庵など。大坂の人。俳諧は岡西惟中,椎本才麿に師事。松木淡々手引きで東下し,やがて榎本其角門に入る。其角他界の折にはその追善集『類柑子』の編集にかかわり,にわかに活躍を示し出す。正徳4(1714)年には箱根早雲寺の飯尾宗祇墓前で剃髪し,祇空と改号。一時大坂に帰郷したこともあったが,享保初期まではおおむね江戸に在住。のち京都紫野大徳寺に移り,夢に敬雨の2字を感得して改号。諸所へ引杖後,享保16(1731)年に箱根湯本に石霜庵を結ぶ。隠者然とした高潔な人柄を慕う者多く,その俳風は「法師風」と称された。<参考文献>倉橋連之祐「祇空年譜」(『島田筑波集』上),潁原退蔵「祇空」(『潁原退蔵著作集』5巻),桜井武次郎「祇空と淡々」(日本文学研究資料叢書『蕪村・一茶』)

(楠元六男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

いなづぎくう【稲津祇空】

1663~1733) 江戸中期の俳人。大坂の人。別号、敬雨等。はじめ惟中いちゆう門、のち其角きかくの門人。宗祇に私淑、句風は平明で法師風と呼ばれ、四時観しじかんや五色墨ごしきずみの連中を指導して中興俳諧の先鞭せんべんをつけた。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の稲津祇空の言及

【祇空】より

…江戸前期の俳人。姓は稲津,通称は五郎右衛門。初号は青流,晩年は敬雨,別号に竹尊者など。大坂の薬種商伊丹屋に生まれる。初め惟中門,後に才麿に従い,江戸に出て其角に就く。京にも住したが,晩年は箱根湯本に石霜庵を結び,その隠者然とした生活態度や平明な俳風は,俳壇の現状にあきたりない《五色墨(ごしきずみ)》や《四時観》の連中から慕われた。《住吉物語》(1695?)等の編著がある。〈秋風や鼠のこかす杖の音〉(《朽葉集》)。…

※「稲津祇空」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone