コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稲築 いなつき

2件 の用語解説(稲築の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

稲築
いなつき

福岡県中部,嘉麻市北部の旧町域。嘉穂盆地の南部,遠賀川支流の嘉麻川流域に位置する。 1941年町制施行。 2006年山田市,碓井町,嘉穂町と合体して嘉麻市となる。明治初期まで水田農村であったが,1898年に三井鉱山山野炭鉱が開かれて以降急激に発展。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

稲築
いなつき

福岡県中央部、嘉穂(かほ)郡にあった旧町名(稲築町(まち))。現在は嘉麻(かま)市の北部を占める。旧稲築町は1941年(昭和16)町制施行。2006年(平成18)碓井(うすい)、嘉穂の2町、山田(やまだ)市と合併し嘉麻市となった。旧稲築町域は古第三紀層の小丘陵が広く分布し、中央部を嘉麻、山田両川が流れ、JR後藤寺(ごとうじ)線と、国道211号が通じる。1898年(明治31)三井山野鉱の開鉱以降急速に発達し、筑豊(ちくほう)屈指の炭鉱町となった。しかし、1960年(昭和35)ごろから閉山が相次ぎ、最後まで残っていた山野、漆生(うるしお)両鉱山も1973年に閉山した。工業団地や住宅団地の造成など産炭地振興が図られている。水田の50%以上が鉱害を受けたが、その後、復旧が進み、現在は稲作を主体として、野菜・果樹栽培が行われている。毎年秋分の日、山野の若八幡(わかはちまん)神社で行われる「山野の楽(がく)」は古い農耕儀礼を残すものとして県指定無形民俗文化財になっている。[石黒正紀]
『『稲築町誌』(1973・稲築町) ▽『稲築町史』全2巻(2004・稲築町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

稲築の関連情報