積丹岬(読み)しゃこたんみさき

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

積丹岬
しゃこたんみさき

北海道西部、積丹半島の北東端にある岬。半島の北西端にある神威岬(かむいみさき)と相対する。標高120メートルの急崖(きゅうがい)で日本海に臨み、岬一帯は豪壮な海食地形を示す。岬東部には無人の出岬灯台(でみさきとうだい)がある。岬下の海中には顕礁、暗礁が点在する。ニセコ積丹小樽(おたる)海岸国定公園域で、岬を巡る遊歩道が設けられている。

[瀬川秀良]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

積丹岬
しゃこたんみさき

北海道西部,積丹半島北端の岬。積丹町に属する。海食崖および岩礁が多く海の難所。小さな半島を形成しているので出岬 (でさき) とも呼ばれる。岬から東方は厚苫岬にいたる海食崖が続き,南には入舸 (いりか) 漁港があり,スケトウダラ刺網漁とイカ釣り基地。岬に無線方位信号所,積丹出岬灯台がある。ニセコ積丹小樽海岸国定公園の一部。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しゃこたんみさき【積丹岬】

北海道西部,日本海に突出する積丹半島北端の岬。石狩湾の西隅にあたる。積丹町に属し,西の神威(かむい)岬と相対している。地名アイヌ語のシャクコタン(夏の部落)に由来する。安山岩質の集塊岩が海食により断崖と岩礁をつくり,高さ120mのには無線方位信号所がある。東1kmの出岬(でみさき)には岬上に灯台があり,さらに2km東には奇岩女郎子岩があって,積丹岬との間には多数の岩礁,暗礁が分布し,ニセコ積丹小樽海岸国定公園に指定される景勝をつくっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android