コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神威岬 かむいみさき

6件 の用語解説(神威岬の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

神威岬
かむいみさき

北海道西部,日本海にのぞむ積丹半島北西端の岬。積丹町に属する。茂津多岬雄冬岬と並ぶ西蝦夷三険の1つといわれたところ。付近は海食崖が発達し,奇岩が多い。積丹半島の主要観光地で,ニセコ積丹小樽海岸国定公園に属する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かむい‐みさき〔かむヰ‐〕【神威岬】

北海道西部、日本海に突出した岬。積丹(しゃこたん)半島の北西端にあり、海食地形で知られる。
北海道北部、オホーツク海に面した岬。北見神威岬

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

神威岬【かむいみさき】

北海道積丹(しゃこたん)半島突端の岬。前方の海中に高さ41mの神威岩がある。御冠(おかむい)崎,オカムイ崎とも称した。航海の難所で,お神威様として航海者に畏敬(いけい)され,幕末まではこの岩以北への婦女子の通行が許されなかった。
→関連項目積丹[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かむいみさき【神威岬】

北海道南西部,日本海に突出する積丹(しやこたん)半島の北西端の岬。基盤の集塊岩が海食に残されて北西に向かって細長く約1km突出し,海食崖が発達している。岬頂は標高83m,無人灯台がある。岬端から北西方の海中に礁脈が約1kmにわたってのび,数個の奇岩が海面上に出ている。高さ40mの神威岩は鋭くとがり,岬端から600mの位置にある高さ10mのメノコ岩は平らな岩で顕岩としては最も外側にある。岬の両側に続く海岸は,山地が海にせまって海食崖が発達し,東方の積丹岬にいたる間は崖下に礫浜が多く,南方の川白岬までの間は崖下に砂浜が多いが,いずれも景勝地が多く,付近一帯の海岸部はニセコ積丹小樽海岸国定公園に指定されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕神威岬(かむいみさき)


北海道西部、日本海に突き出た積丹(しゃこたん)半島北西端の岬。断崖(だんがい)の高さ約100m。渡島(おしま)半島西岸の茂津多(もった)岬、石狩(いしかり)湾北側の雄冬(おふゆ)岬とともに「西蝦夷三険岬(にしえぞさんけんみさき)」とされた海の難所。神威岬灯台がある。1856年(安政3)まで、岬以東は女人禁制とされた。沖に屹立(きつりつ)する神威岩(41m)やメノコ岩などの奇岩が連続。ニセコ積丹小樽(おたる)海岸国定公園に属する。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

神威岬
かむいみさき

北海道西部、日本海に突き出る積丹(しゃこたん)半島の最西端にある岬。後志(しりべし)総合振興局管内の積丹町に属す。集塊岩が侵食されて残ったもので、岬端(こうたん)は高さ80メートルの断崖(だんがい)となっている。岬前方の海中に僧帽を被(かぶ)ったような大岩(神威岩)があり、アイヌ人が「カムイ」(神)とよんだのが地名のおこりという。帆船時代には、雄冬(おふゆ)岬、茂津多(もった)岬とともに蝦夷(えぞ)三険岬とか西蝦夷三険岬とよばれる航海の難所であった。ここを通る船は帆を下ろし、神へ捧(ささ)げる米や酒を海中に投じて航海の安全を祈ったという。1888年(明治21)岬端に灯台が設けられた。また1856年(安政3)までは、この岬から奥地は女人禁制で、民謡『江差追分』にも「恨みあるかよ御神威様はなぜに女の足とめる」と歌い込まれている。ニセコ積丹小樽(おたる)海岸国定公園に属す。[瀬川秀良]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

神威岬の関連情報