コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

空気マイクロメーター クウキマイクロメーター

百科事典マイペディアの解説

空気マイクロメーター【くうきマイクロメーター】

空気流を拡大機構に用いた比較測長器。定圧装置からの空気流は,流出口(測定ノズル)と被測定物との間のすきまの微小変化により,流路の抵抗変化を受ける。これを空気の圧力,流量または流速の変化としてとらえ,液柱計やダイヤルゲージで拡大指示させる。
→関連項目マイクロメーター

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

くうきマイクロメーター【空気マイクロメーター pneumatic micrometer】

空気流を拡大機構として用いた長さの比較測定器である。使用する定圧空気の圧力によって低圧式(5~20kPa),中圧式(100kPa程度),高圧式(200kPa以上)に分ける。流出口を物体へ近づけ,物体との間にわずかの隙間を作っておき,物体をわずかに変位させると隙間が変化して圧縮空気の流出状態が変わることを利用する。指示器の最大と最小に相当する2個のマスターゲージを用意し,拡大率を調整して目盛間隔の値を定める。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

くうきマイクロメーター【空気マイクロメーター】

細孔から噴出する空気の圧力が、細孔と空気の当たる物との間隙の大小によって変わることを利用した寸法測定器。エア-マイクロメーター。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

空気マイクロメーター
くうきまいくろめーたー
air micrometer

空気を噴出するノズル先端と測定面との隙間(すきま)が変化すると、空気の流量や圧力が変化するが、そのことを利用して、寸法や変位を測定する測定器。一般的には、圧縮空気源、空気濾過(ろか)器、定圧装置、指示装置などから構成されている。寸法測定の場合は、まず、測定対象と寸法がほぼ同じである、寸法の正確にわかっている標準ゲージを測定し、その後、測定対象物を測定し、両者の差分から、測定対象の寸法を求めるという、比較測定が行われる。特徴としては、
(1)運動部分が少ないため、摩擦や摩耗による測定器の精度劣化がない
(2)非接触測定であるので、測定力が小さく、非測定面を傷つけることがない
(3)測定倍率が1000倍から1万倍と大きい
などがあげられる。おもな用途としては、寸法や穴径の測定と検査をはじめとして、製造組立ラインでの自動計測、自動選別などがあげられ、大量生産を行う製造現場で幅広く使われている。[清水伸二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

空気マイクロメーターの関連キーワードair micrometerコンパレーター寸法細孔

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android