空茶(読み)からっちゃ

精選版 日本国語大辞典「空茶」の解説

からっ‐ちゃ【空茶】

〘名〙 「からちゃ(空)」の変化した語。
鬼怒川(1975)〈有吉佐和子〉一「ようやく湯呑みに茶をくんで村長の前に運んできた。『からっ茶だがね』『うむ』」

から‐ちゃ【空茶】

〘名〙
菓子がなくて茶だけ飲むこと。茶うけがなくて茶だけ出すこと。
② 出がらしの茶。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

野選

《「野手選択」の略》野球で、打球を捕った野手が一塁で打者をアウトにできるのに、先行走者をアウトにしようと他の塁へ送球し、間に合わずに全走者を生かすこと。フィールダースチョイス。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android