コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芽茶 メチャ

デジタル大辞泉の解説

め‐ちゃ【芽茶】

茶のの若くて柔らかなところを摘んで製した

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

飲み物がわかる辞典の解説

めちゃ【芽茶】


緑茶一種煎茶の製造過程で、芽の先の細い部分を茶葉からより分けたもの。うまみを多く含み、味が濃い。

出典|講談社飲み物がわかる辞典について | 情報

世界大百科事典内の芽茶の言及

【緑茶】より

…いずれもまるく縮んだ勾玉(まがたま)状を呈し,上級品は香り・味ともにすぐれている。以上のほかに,芽茶(めちや),粉茶,茎茶(くきちや)と呼ばれるものがある。いずれも玉露,挽茶,煎茶の精選工程でふるい分けられたもので,芽茶は小さな玉状,粉茶は送風選別により,茎茶は木茎分離機にかけて分離された茎や葉脈である。…

※「芽茶」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

芽茶の関連キーワードチャ

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android