コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立科[町] たてしな

百科事典マイペディアの解説

立科[町]【たてしな】

長野県中部,北佐久郡の町。蓼科(たてしな)山北斜面を占め,南北に細長い。中心の芦田中山道の旧宿駅米作,リンゴ栽培が行われ,薬用ニンジンも産する。南部には白樺湖があり,観光開発も進む。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たてしな【立科[町]】

長野県中部,北佐久郡の町。人口8712(1995)。町域は南北に細長くのび,南縁には蓼科(たてしな)山,八子ヶ峰(やしがみね)がそびえる。中心集落の芦田は近世には中山道の宿駅として栄え,小諸藩生糸改所が設けられていた。江戸前期に塩沢堰などの用水が開削されて新田開発が進み,近年まで稲作中心の農業が行われてきたが,現在は畜産,リンゴ・タバコ栽培なども盛んになっている。古町蓼科神社里宮,茂田井に芦田城跡,上房に天台宗古刹(こさつ)津金寺がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

立科[町]の関連キーワード蓼科山

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android