白樺湖(読み)しらかばこ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

白樺湖
しらかばこ

長野県中部,蓼科高原にある人造湖。標高 1420m,周囲 6km。湖の西半部が茅野市,東半部が立科町に属する。 1944年蓼科山霧ヶ峰の鞍部にあたる池ノ平に水田灌漑用ため池として造られ,その後拡充された。湖中にシラカバの枯れ木などが残ったことが名称の由来。付近は夏季の観光保養地としてホテル,キャンプ場などの施設が多く,蓼科高原の観光の中心となっている。湖畔の御座岩から縄文期の遺物が大量に発掘され,池ノ平遺跡として注目されている。霧ヶ峰高原から美ヶ原にかけて自動車道ビーナスラインが通じる。八ヶ岳中信高原国定公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しらかば‐こ【白樺湖】

長野県茅野(ちの)市北部、蓼科山(たてしなやま)西麓にある人造湖。昭和19年(1944)灌漑(かんがい)用として作られたが、スケート場や行楽地として発展。湖岸縄文時代の御座岩(ございわ)遺跡がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

白樺湖【しらかばこ】

長野県中部の蓼科(たてしな)山西麓,標高1400mの地にある水田灌漑(かんがい)用人工湖。周囲約6km,深さ約10m。八ヶ岳中信高原国定公園に属し,蓼科山と霧ヶ峰にはさまれ,ハイキング,キャンプ,スキー,スケートなどの行楽地。中央本線茅野(ちの)駅,北陸新幹線佐久平駅などからバスが通じる。
→関連項目立科[町]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しらかばこ【白樺湖】

長野県中東部,蓼科(たてしな)高原西部にある人造湖。茅野市と立科町にまたがる。湖面標高1420m,周囲6km。1946年池ノ平に音無川(天竜川の支流)をせき止めて水田灌漑用につくられた温水溜池である。最初は蓼科大池と呼ばれたが,53年ころから冬にはスケート客,夏には避暑客が増加し,名称も白樺湖に改められた。65年蓼科有料道路(ビーナスライン)が白樺湖まで開通してから発展した。【市川 健夫】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔長野県〕白樺湖(しらかばこ)


長野県中央部、筑摩(ちくま)山地南部の蓼科(たてしな)山西麓(せいろく)にある人造湖。面積35ha。1946年(昭和21)灌漑(かんがい)用溜()め池としてつくられた。キャンプ場・スキー場やホテルなど各種の施設があり、南方の蓼科高原、西方の霧ヶ峰(きりがみね)とともに一大観光地を形成。八ヶ岳中信高原(やつがたけちゅうしんこうげん)国定公園に含まれる。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

白樺湖
しらかばこ

長野県中央部、茅野(ちの)市北部にある人造湖。1946年(昭和21)農業用温水溜池(ためいけ)として築造された。面積0.36平方キロメートル。蓼科山(たてしなやま)直下の標高1416メートルの地にあり、竣工(しゅんこう)当時は湖中に枯れ木が立ち、湖底にかつての小川の流路が見えるほどであった。白樺湖と名づけられたのは1954年からで、昭和30年代初めから観光化が始まり、湖畔には旅館や飲食店などが建ち並び、周辺にはペンションも多い。JR中央本線茅野駅、北陸新幹線佐久平駅からバスの便があり、観光道路ビーナスラインも通じる。湖岸には縄文遺跡の御座岩(ございわ)など遺跡も多い。[小林寛義]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

トランスジェンダー

性別違和をもつ人々の総称。性別違和とは,体の性的特徴,出生時の体に基づいて判別された性別や,その役割に課される性役割,性別表現など,すなわちジェンダーへの違和感である。トランスジェンダーには,他方の性...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android