コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹返し タケガエシ

3件 の用語解説(竹返しの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たけ‐がえし〔‐がへし〕【竹返し】

伝承的な子供の遊びの一。長さ15センチ、幅2センチほどの竹べら数本を上に投げて手の甲で受け、そのまま滑り落として全部を表か裏かにそろえることを競う。竹なんご、六歌仙などともいう。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

たけがえし【竹返し】

竹片を用いる日本の遊戯。長さ20cmほどの竹を幅1~2cmに割ったものを6本(5~12本のこともある)片手の手のひらにのせ,その手のひじを床について手首で竹片を投げ上げ,落ちてきたところを手の甲で受け止める。一方の手は床について動作のしやすい姿勢をとる。ついで,竹片を床上にすべり落として,あらかじめ定められた表裏の数にそろえれば勝となる。より難度の高い遊び方も行われる竹べら遊び竹おとし竹ならべなどともいう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

竹返し
たけがえし

伝承的な童戯の一種。長さ17、8センチメートル、幅2センチメートル、厚さ3ミリメートルほどの竹べら6本(5~12本の場合もある)を、一握りにして軽く投げ上げ、手の甲で受ける。それを床に滑り落として、全部を表か裏にそろえることを競う。地方的な名称が多く、はったん返し(愛媛)、七つ竹(京都)、竹なんご(新潟)、六歌仙(福島)などがある。慶長(けいちょう)(1596~1615)ごろからあったといわれ、竹返しの名称は『嬉遊笑覧(きゆうしょうらん)』(1830)に出てくる。[井之口章次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

竹返しの関連キーワード竹簡遊戯和琴意を用いる小弓羽子板御遊戯影絵羽根突き伏せ

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone