コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹返し タケガエシ

デジタル大辞泉の解説

たけ‐がえし〔‐がへし〕【竹返し】

伝承的な子供の遊びの一。長さ15センチ、幅2センチほどの竹べら数本を上に投げて手の甲で受け、そのまま滑り落として全部を表か裏かにそろえることを競う。竹なんご、六歌仙などともいう。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

たけがえし【竹返し】

竹片を用いる日本の遊戯。長さ20cmほどの竹を幅1~2cmに割ったものを6本(5~12本のこともある)片手の手のひらにのせ,その手のひじを床について手首で竹片を投げ上げ,落ちてきたところを手の甲で受け止める。一方の手は床について動作のしやすい姿勢をとる。ついで,竹片を床上にすべり落として,あらかじめ定められた表裏の数にそろえれば勝となる。より難度の高い遊び方も行われる。竹べら遊び,竹おとし,竹ならべなどともいう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

竹返し
たけがえし

伝承的な童戯の一種。長さ17、8センチメートル、幅2センチメートル、厚さ3ミリメートルほどの竹べら6本(5~12本の場合もある)を、一握りにして軽く投げ上げ、手の甲で受ける。それを床に滑り落として、全部を表か裏にそろえることを競う。地方的な名称が多く、はったん返し(愛媛)、七つ竹(京都)、竹なんご(新潟)、六歌仙(福島)などがある。慶長(けいちょう)(1596~1615)ごろからあったといわれ、竹返しの名称は『嬉遊笑覧(きゆうしょうらん)』(1830)に出てくる。[井之口章次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例