コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

笠間藩 かさまはん

3件 の用語解説(笠間藩の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

笠間藩
かさまはん

江戸時代,常陸国 (茨城県) 茨城郡笠間地方を領有した藩。慶長6 (1601) 年蒲生氏の故地へ松平 (松井) 康重が3万石で入封して以来,譜代大名小笠原氏3万石,松平氏再封3万石,永井氏5万石,浅野氏5万 3000石,井上氏5万石,本庄氏4万石,井上氏再封6万石を経て,延享4 (1747) 年牧野貞通が日向 (宮崎県) 延岡より8万石で入封して以来廃藩置県まで9代にわたり在封。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藩名・旧国名がわかる事典の解説

かさまはん【笠間藩】

江戸時代常陸(ひたち)国茨城郡笠間(現、茨城県笠間市)に藩庁をおいた藩で、藩主は短期間の天領や外様(とざま)をはさみ、譜代(ふだい)が次々に入れ替わった。藩校は時習(じしゅう)館。当地は鎌倉時代から笠間氏が領有していたが、関ヶ原の戦い後の1601年(慶長(けいちょう)6)に松平(松井)康重(やすしげ)が3万石で入封、立藩した。以後、08年小笠原吉次(よしつぐ)、天領を経て12年に松平(戸田)康長(やすなが)、17年(元和(げんな)3)永井直勝(なおかつ)、22年浅野長重(ながしげ)(外様)、45年(正保(しょうほう)2)井上正利(まさとし)、92年(元禄5)松平(本庄)宗資(むねすけ)、1702年井上正岑(まさみね)と、3万石から6万石の間で次々に譜代が交替した。47年(延享(えんきょう)4)に牧野貞通(さだみち)が日向(ひゅうが)国延岡藩から8万石で転封(てんぽう)(国替(くにがえ))して以後は、明治維新まで牧野氏9代が続いた。1871年(明治4)の廃藩置県により、笠間県を経て茨城県に編入された。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

笠間藩
かさまはん

常陸(ひたち)国笠間(茨城県笠間市)に領地を有した藩。1601年(慶長6)松平(松井)康重(やすしげ)が3万石で入封して以来、08年小笠原吉次(おがさわらよしつぐ)が3万石で入り翌年除封、12年松平(戸田)康長(やすなが)3万石、17年(元和3)永井直勝3万石、22年浅野長重(ながしげ)5万3000石、45年(正保2)井上正利(まさとし)5万石、92年(元禄5)本庄(のち松平)宗資(むねすけ)4万石、1702年井上正岑(まさみね)5万石と譜代(ふだい)大名の交代が続いた。1747年(延享4)牧野貞通(さだみち)8万石で入封、以後貞長(さだなが)、貞喜(さだよし)、貞幹(さだもと)、貞一(さだかず)、貞勝(さだのり)、貞久(さだひさ)、貞明(さだあき)、貞寧(さだやす)を経て明治に至る。牧野氏入封直後の1749年(寛延2)に山外郷(やまそとごう)27か村1000人の一揆(いっき)があった。文化・文政年間(1804~30)家老川崎頼母(たのも)らの藩政改革が、藩校時習館(じしゅうかん)建設、入百姓政策など多方面にわたって行われた。明治以後有名となる陶業笠間焼は安永(あんえい)(1772~81)ごろ領内箱田村で始まり、化政ごろ拡大したという。笠間藩政史料は笠間市内笠間稲荷(いなり)神社にある。1871年(明治4)の廃藩置県で笠間県となり、さらに茨城県に編入された。[秋山高志]
『小室昭「笠間藩の化政改革」(『茨城県史研究』7所収・1968・茨城県)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

笠間藩の関連キーワード常陸宮常陸茨城県笠間市笠間常陸大宮〈町〉茨城県笠間市福原鬼沢大海小林日谷辻常陸大掾牧野貞一山口勘兵衛

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

笠間藩の関連情報