コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

笹森儀助 ささもり ぎすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

笹森儀助 ささもり-ぎすけ

1845-1915 明治時代の探検家。
弘化(こうか)2年1月25日生まれ。もと陸奥(むつ)弘前(ひろさき)藩(青森県)藩士。岩木山麓(さんろく)で農牧社を経営。明治25年千島列島,26年沖縄・奄美(あまみ)諸島を探検し,翌年奄美大島の島司(とうし)となる。32年朝鮮,シベリアなどを調査。35年青森市長。大正4年9月29日死去。71歳。著作に「千島探験」「南島探験」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

笹森儀助【ささもりぎすけ】

探検家。旧陸奥(むつ)弘前(ひろさき)藩士。1882年岩木山麓に士族授産の農牧社を経営。1891年全国の士族授産事業を歴訪《貧旅行之記》を書き,1892年磐城(いわき)艦に便乗,千島に旅し《千島探験》を,さらに沖縄諸島に旅して《南島探験》を,また1894年―1898年奄美(あまみ)大島島司となり,その体験を《拾島状況録》に書いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ささもりぎすけ【笹森儀助】

1845‐1915(弘化2‐大正4)
明治時代の探検家。弘前に生まれる。元弘前藩士。1870年(明治3)官吏となり,78‐81年青森県中津軽郡長。民権派に荷担する県令に反対して退官し,翌82年より約10年間,士族授産のため岩木山麓に農牧社を経営。90年創開の帝国議会を全日傍聴,国政に失望して91年西国を巡視した。翌年千島列島探検,93年沖縄・奄美諸島踏査して国境防備辺境の社会改革等を提言した。94‐98年奄美の島司。95年薩南(さつなん)の10島を視察。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ささもりぎすけ【笹森儀助】

1845~1915) 探検家。弘前の生まれ。地方官吏をつとめたが退官。1892年(明治25)から千島・沖縄・シベリアなどを踏査。国境の防備を提言。著「千島探験」「南島探験」「西伯利亜旅行日記」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

笹森儀助
ささもりぎすけ
(1845―1915)

探検家、経世家。弘化(こうか)2年1月25日、津軽藩士の家に生まれる。長じて藩の軽職を歴任し、廃藩置県後は中津軽郡長となったが、やがて官職を辞し、産業報国をモットーに士族授産のため奔走する。1891年(明治24)から辺境地探検旅行を開始し、千島、沖縄、朝鮮、シベリアなどを探訪。この間94年から4年間奄美(あまみ)大島地方の島司(とうし)となったほかは、経世家としての問題意識に燃え旅行に明け暮れる日々であったという。『千島探験』(1893)、『南島探験』(1894)などの著作を残しているが、とくに『南島探験』は沖縄の実情を克明に記録したものとして声価が高い。晩年青森市長となる。蔵書は青森県立図書館に保管されている。大正4年9月29日死去。[高良倉吉]
『『日本庶民生活史料集成 第1巻』(1968・三一書房) ▽横山武夫著『笹森儀助翁伝』(1934・今泉書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

笹森儀助の関連キーワード東亜同文会

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

笹森儀助の関連情報