コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

等角写像 とうかくしゃぞう

2件 の用語解説(等角写像の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

等角写像【とうかくしゃぞう】

一つの空間Mから他の空間Nへの写像fが一対一連続で,Mの二つの微分可能曲線C1,C2のなす角が常にNでf(C1),f(C2)のなす角に等しいとき,fを等角写像という。
→関連項目写像リーマン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とうかくしゃぞう【等角写像 conformal mapping】

平面領域の間の1対1写像fで,複素関数wf(z)とみたときに正則関数となっているものを,等角写像という。解析写像,両正則写像ともいう。 元の意味は,曲面から曲面への写像で,各点における角と向きが,像においても同じであるようなもののことである(図)。共形写像ともいう。プトレマイオスが天球を表すのに用いた立体射影,G.メルカトルが地図に用いた写像(1568)はこの意味の等角写像の例である。 正則関数fの定める写像は,f′(a)≠0のとき,点aを頂点とする角の大きさとその向きは,像においても同じである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone