コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

等角写像 とうかくしゃぞう

2件 の用語解説(等角写像の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

等角写像【とうかくしゃぞう】

一つの空間Mから他の空間Nへの写像fが一対一連続で,Mの二つの微分可能曲線C1,C2のなす角が常にNでf(C1),f(C2)のなす角に等しいとき,fを等角写像という。
→関連項目写像リーマン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

とうかくしゃぞう【等角写像 conformal mapping】

平面領域の間の1対1写像fで,複素関数wf(z)とみたときに正則関数となっているものを,等角写像という。解析写像,両正則写像ともいう。 元の意味は,曲面から曲面への写像で,各点における角と向きが,像においても同じであるようなもののことである(図)。共形写像ともいう。プトレマイオスが天球を表すのに用いた立体射影,G.メルカトルが地図に用いた写像(1568)はこの意味の等角写像の例である。 正則関数fの定める写像は,f′(a)≠0のとき,点aを頂点とする角の大きさとその向きは,像においても同じである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

等角写像の関連キーワード逆写像原始関数正則関数線形写像代数関数正則複素関数複素平面ガウスの複素関数ガウスの平均値定理

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone