コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

管狐 くだぎつね

4件 の用語解説(管狐の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

管狐
くだぎつね

おさきぎつね,白ぎつねともいう。狐憑の一種。二十日ねずみほどの小さなきつねで,群馬県,長野県,山梨県,愛知県などでいわれる。長野県の飯縄山にすむ雌雄の小ぎつねを捕えて養育し,呪文を唱えるとたちまち細い管に入って人間と問答を始めたという。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

くだ‐ぎつね【管×狐】

想像上の小さなキツネ。竹管の中で飼われ、飼い主の問いに応答したり、予言をしたりする通力をもつ。くだ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

管狐(くだぎつね)

日本の妖怪。竹筒の中に納まるほどの小さなキツネ。霊能者などによって使用される。キツネの憑き物の一種ともされる。中部、関東、東北地方に伝わる。「飯綱(いづな)」とも。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

くだぎつね【管狐】

き物の一。想像上の生き物でキツネに似、竹筒中に飼われ、種々の通力を備えていて飼い主のために働くとされる。
オコジョの別名。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

管狐の関連キーワード御先狐田の実・憑田の面・憑チェリーとうびょう俵・兵・剽・憑・標・氷・漂・瓢・票・表・評・豹・飄憑かる饑神

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

管狐の関連情報