コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

やなfish pound

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


やな
fish pound

雑漁具の一種。主として河川に用い,多くは川の両岸から石や竹の簀の子で水路を遮断し,口の開いた川の中央部に木材,竹などで支柱を立て,この上に竹の簀の子などを張る。支柱の上の簀の子の一端は水中に入るように取付ける。石や簀の子で遊泳路を断たれた魚類は開口部に敷設された簀の子の部分に誘導され,この上に乗って漁獲される。あゆ,こい,ふな,なまず,さけ,ますなどの漁獲に用いるが,魚族保護上,禁止している地方もある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

簗【やな】

川に竹や網,縄などを水流をさえぎるように張り,中央部に簀棚(すだな)を斜めに設けて泳いでくる魚類を捕獲する雑漁具の一つ。河川をさかのぼる魚をとらえる上り簗,下る魚をとらえる下り簗の別があり,簀棚のかわりに筌(うけ)を用いた筌簗,簀に穴をあけて壺をつけた壺簗,魚を導く樋(とい)をつけた樋簗,袋網を用いた網簗などの種類がある。
→関連項目漁具

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


やな

雑漁具に属する強制陥穽(かんせい)漁具の一種。河川の流れを利用して魚を強制的に陥らせるようにつくられている漁具。河川の急流や落差の大きい瀬を竹簀(たけす)や築堤(つきてい)によって、真横に、あるいは斜め下流に向け八の字形に狭め、そこに張った簀棚の上に魚を受けるか、陥穽部(筌(うけ)、網袋あるいは壺(つぼ))に強制的に陥らせるなどして漁獲するもので、秋の落ちアユをとるアユ簗は有名である。簗の種類は多く、ほかに水流に向けて敷設される下り筌、水流下に向ける上り筌、網簗、壺簗、樋(とい)簗、ウナギ待ち簗、筌簗、かつとり簗などがあり、アユ、サケ、マス、ウナギ、ウグイ、コイ、フナ、カジカ、ハゼなどをとる。[笹川康雄・三浦汀介]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

簗の関連キーワード熊本県上益城郡甲佐町北海道大学構内遺跡鮎・香魚・年魚北方(宮崎県)権田市右衛門安曇川(川)簗田藤左衛門キサンガニ内水面漁業石坂与五郎やな(簗)足利義康五ヶ瀬川北条氏政カーソン上野家文足利義兼淡水漁業一言芳談足利高基

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

簗の関連情報