コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

簡易水道 カンイスイドウ

デジタル大辞泉の解説

かんい‐すいどう〔‐スイダウ〕【簡易水道】

水道法により、給水人口101~5000人を対象とする小規模な上水道。
工事現場などの、給水用の仮設水道

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

簡易水道【かんいすいどう】

正式名は簡易水道事業。給水人口101人以上5000人以下に給水する計画の水道事業。主として農山漁村を対象とする水道で,水道事業は独立採算を原則とするが,この場合には国庫補助が行われるので区別していう。水道の全国普及に大きい影響があった。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かんいすいどう【簡易水道】

一般の需要に応じて水道により水を供給する事業(水道事業)のうち,計画給水人口が101人以上5000人以下のものを簡易水道事業という。水道事業は独立採算を原則としているが,農山漁村などで小集落のために水道施設の建設費を負担しきれない地域へ,高率の国庫補助を行って水道を普及させる目的で行政上設けた区分と名称である。上水道(計画給水人口5001人以上)と簡易水道は,水質基準,施設の技術基準ともまったく同一で,両者の違いは単に建設時点での計画給水人口規模の差だけにある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かんいすいどう【簡易水道】

水道法で、給水人口が一〇一人から五〇〇〇人までの範囲を対象として供給する水道。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

簡易水道
かんいすいどう

農山漁村など小さな集落で、101人以上5000人以下の人々へ給水することを目標にして建設された小規模な水道。水道事業は独立採算制が原則であるが、人口密度が低いために1戸当りの配管延長が長く、財政的、地形的に水道の建設に不利な都市部以外の地域にも水道の普及を図るため、国が小規模の水道の建設に高率の補助金を交付することになって、1952年(昭和27)に設けられた行政上の名称区分である。したがって、給水の水質や施設の内容が簡易という意味ではなく、それらには一般の上水道と同一の基準が適用されている。1999年(平成11)現在9370の簡易水道事業体(大半は町村営)があり、約665万人がこれを通じて給水を受けているが、なかには水量不足や水質の維持に苦慮しているところもあるものの、地下水を水源としている例が多く、水質は一般に良好である。散在する施設の管理の高度化と効率化を図って、平野部では簡易水道事業相互の合併による再編成や、近隣都市の水道への併合が進められている。[小林三樹]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

簡易水道の関連キーワード飛島(山形県)地方公営企業粟国(村)片岡 倉吉水道普及率片岡倉吉梶山関山公営事業神津島村愛知用水ポンプ知名町水道法坊勢島利島

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

簡易水道の関連情報