コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

簡易水道 カンイスイドウ

5件 の用語解説(簡易水道の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かんい‐すいどう〔‐スイダウ〕【簡易水道】

水道法により、給水人口101~5000人を対象とする小規模な上水道。
工事現場などの、給水用の仮設水道。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

簡易水道【かんいすいどう】

正式名は簡易水道事業。給水人口101人以上5000人以下に給水する計画の水道事業主として農山漁村を対象とする水道で,水道事業は独立採算を原則とするが,この場合には国庫補助が行われるので区別していう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

かんいすいどう【簡易水道】

一般の需要に応じて水道により水を供給する事業(水道事業)のうち,計画給水人口が101人以上5000人以下のものを簡易水道事業という。水道事業は独立採算を原則としているが,農山漁村などで小集落のために水道施設の建設費を負担しきれない地域へ,高率の国庫補助を行って水道を普及させる目的で行政上設けた区分と名称である。上水道(計画給水人口5001人以上)と簡易水道は,水質基準,施設の技術基準ともまったく同一で,両者の違いは単に建設時点での計画給水人口規模の差だけにある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かんいすいどう【簡易水道】

水道法で、給水人口が一〇一人から五〇〇〇人までの範囲を対象として供給する水道。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

簡易水道
かんいすいどう

農山漁村など小さな集落で、101人以上5000人以下の人々へ給水することを目標にして建設された小規模な水道。水道事業は独立採算制が原則であるが、人口密度が低いために1戸当りの配管延長が長く、財政的、地形的に水道の建設に不利な都市部以外の地域にも水道の普及を図るため、国が小規模の水道の建設に高率の補助金を交付することになって、1952年(昭和27)に設けられた行政上の名称区分である。したがって、給水の水質や施設の内容が簡易という意味ではなく、それらには一般の上水道と同一の基準が適用されている。1999年(平成11)現在9370の簡易水道事業体(大半は町村営)があり、約665万人がこれを通じて給水を受けているが、なかには水量不足や水質の維持に苦慮しているところもあるものの、地下水を水源としている例が多く、水質は一般に良好である。散在する施設の管理の高度化と効率化を図って、平野部では簡易水道事業相互の合併による再編成や、近隣都市の水道への併合が進められている。[小林三樹]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

簡易水道の関連キーワード給水給電線最終需要上水道電気事業法給養供給源需要供給の法則ガス事業地下水の専用水道

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

簡易水道の関連情報