コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

籠もる/隠る コモル

デジタル大辞泉の解説

こも・る【籠もる/隠る】

[動ラ五(四)]

㋐中に入ったまま外に出ないでいる。引きこもる。「山に―・る」「書斎に―・って執筆する」
㋑外とのつながりを断って、中に深く入り込む。閉じこもる。「自分の殻に―・る」「陰(いん)に―・る」
祈念するために社寺に泊まり込む。おこもりをする。「寺に―・る」
城などに入って敵から防ぎ守る。立てこもる。「城に―・る」
音や声が中に閉じこめられた状態で、外にはっきり伝わらない。くぐもる。「声が―・ってよく聞こえない」
気体などが外に出ないで、いっぱいに満ちる。充満する。「臭いが―・る」「会場に人の熱気が―・る」
力やある感情などが、そこにいっぱいに含まれる。「力の―・った演技」「熱の―・った言葉」「心の―・った贈り物」「怒りの―・った声」
包まれる。囲まれる。
「畳(たた)なづく青垣山―・れる大和しうるはし」〈・中・歌謡〉
入って隠れる。
「二上(ふたかみ)の山に―・れるほととぎす今も鳴かぬか君に聞かせむ」〈・四〇六七〉
[可能]こもれる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android