コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

籠もる/隠る コモル

デジタル大辞泉の解説

こも・る【籠もる/隠る】

[動ラ五(四)]

㋐中に入ったまま外に出ないでいる。引きこもる。「山に―・る」「書斎に―・って執筆する」
㋑外とのつながりを断って、中に深く入り込む。閉じこもる。「自分の殻に―・る」「陰(いん)に―・る」
祈念するために社寺に泊まり込む。おこもりをする。「寺に―・る」
城などに入って敵から防ぎ守る。立てこもる。「城に―・る」
音や声が中に閉じこめられた状態で、外にはっきり伝わらない。くぐもる。「声が―・ってよく聞こえない」
気体などが外に出ないで、いっぱいに満ちる。充満する。「臭いが―・る」「会場に人の熱気が―・る」
力やある感情などが、そこにいっぱいに含まれる。「力の―・った演技」「熱の―・った言葉」「心の―・った贈り物」「怒りの―・った声」
包まれる。囲まれる。
「畳(たた)なづく青垣山―・れる大和しうるはし」〈・中・歌謡〉
入って隠れる。
「二上(ふたかみ)の山に―・れるほととぎす今も鳴かぬか君に聞かせむ」〈・四〇六七〉
[可能]こもれる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

籠もる/隠るの関連キーワード吉田定房護良親王獅子吼城松平直政鎖し籠む琵琶島城杣山城平塚城佐沼城保元社寺

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android