米福粟福(読み)こめぶくあわぶく

世界大百科事典 第2版の解説

こめぶくあわぶく【米福粟福】

昔話。継子米福が継母とその実子粟福の虐待に耐えて,幸福な結婚に到達するまでを語る継子いじめ譚。継母は継子に水くみ,栗拾い,糸紡ぎ,つきなど苦労の多い労働を課すが,亡母加護によってきりぬける。祭見物で身分の高い若者に見出されて,継子は幸福な結婚をする。継母と実子は不幸になるという筋立てが一般的である。継子いじめ譚は,日本でとりわけ発達をみた。継子に対する継母の過酷な態度は外国の例とを異にする。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こめぶく‐あわぶく ‥あはブク【米福粟福】

〘名〙 昔話の一つ。米福・粟福の姉妹のうち、継子(ままこ)の姉娘は継母から事毎に意地悪されるが、死んだ実母の霊や妹に助けられ幸福になるという話。代表的な継子話の一つで、「糠福米福」「紅皿欠皿」「継子の栗拾い」などという名で全国的に分布している。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android