コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

米福粟福 こめぶくあわぶく

世界大百科事典 第2版の解説

こめぶくあわぶく【米福粟福】

昔話。継子米福が継母とその実子粟福の虐待に耐えて,幸福な結婚に到達するまでを語る継子いじめ譚。継母は継子に水くみ,栗拾い,糸紡ぎ,麦つきなど苦労の多い労働を課すが,亡母の霊の加護によってきりぬける。祭見物で身分の高い若者に見出されて,継子は幸福な結婚をする。継母と実子は不幸になるという筋立てが一般的である。継子いじめ譚は,日本でとりわけ発達をみた。継子に対する継母の過酷な態度は外国の例と趣を異にする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android