コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粟野 あわの

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

粟野
あわの

栃木県南西部,鹿沼市南西部の旧町域。足尾山地の南東斜面にある。 1906年町制。 1955年粕尾村,永野村,清洲村の3村,鹿沼市の一部と合体。 2006年鹿沼市に編入。中心地区の口粟野は粟野川と思川の谷口集落から発達した。明治期から大正期にかけての足尾線 (1989わたらせ渓谷鐡道に転換) 開通以前は足尾銅山への交通路,足尾山地の物資集散地として繁栄。農業が中心で,米作のほか,イチゴコンニャクを栽培。畜産,製材,窯業が小規模に行なわれる。一部は前日光県立自然公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

粟野
あわの

栃木県西部、上都賀(かみつが)郡にあった旧町名(粟野町(まち))。現在は鹿沼(かぬま)市の南西部を占める地域。旧粟野町は1906年(明治39)町制施行。1955年(昭和30)粕尾(かすお)、永野、清洲(きよす)の3村と合併。2006年(平成18)鹿沼市に編入。足尾(あしお)山地中部にあり、思(おもい)川上流の粟野川と、粕尾川の合流点の低い段丘にある谷口集落の口粟野(くちあわの)が町の中心地となっている。コンニャク、水稲、野菜類の栽培や、畜産が盛んで、東部平坦(へいたん)地ではイチゴ、花卉(かき)などの施設園芸作物が栽培されている。工業は中小企業が多いが、南東端に宇都宮西中核工業団地が造成された。山林資源と、自然景観に恵まれ、横根山、石裂(おざく)山付近は前日光(まえにっこう)県立自然公園に含まれ、牧場やハイランドロッジ、前日光つつじの湯交流館がある。勝道(しょうどう)上人開基と伝える医王(いおう)寺や、賀蘇山(かそさん)神社がある。[村上雅康]
『『粟野町誌』全3巻(1982~1983・粟野町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

粟野の関連情報