コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紀平正美 きひら ただよし

4件 の用語解説(紀平正美の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

紀平正美

哲学者・文学博士。三重県生。東大卒。ヘーゲル哲学の弁証法の研究の先駆者で、西洋哲学の方法により東洋哲学の再編を試みた。のちに国家主義的傾向を深め、皇道哲学を打ち立てた。著書に『行の哲学』等。昭和24年(1949)歿、75才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

紀平正美 きひら-ただよし

1874-1949 明治-昭和時代の哲学者。
明治7年4月30日生まれ。38年ヘーゲルの「エンチュクロペディー」(部分)を共訳,日本のヘーゲル研究に先鞭(せんべん)をつける。大正8年学習院教授。のち国家主義的傾向をつよめ,国民精神文化研究所所員として日本主義を鼓吹し,戦後公職追放。昭和24年9月19日死去。76歳。三重県出身。東京帝大卒。著作に「認識論」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

紀平正美
きひらただよし

[生]1874.4.30. 三重
[没]1949.9.18. 東京
哲学者。東京帝国大学文科大学卒業。國學院大學東洋大学講師を経て,1919年学習院大学教授。 1937年国民精神文化研究所の設立とともに所員となったが,研究所が 1943年教学錬成所に併合されたのちまもなく退職した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

紀平正美
きひらただよし
(1874―1949)

哲学者。三重県に生まれる。東京帝国大学哲学科を卒業し、1905年(明治38)から『哲学雑誌』に「ヘーゲル氏哲学体系」(『哲学体系(エンチクロペディー)』の訳)を小田切良太郎(?―1932)と共訳で連載し、本格的なヘーゲル翻訳の先駆をなした。岩波哲学叢書(そうしょ)の第一冊『認識論』(1915)は、日本人の手になる初の本格的な認識論研究である。翌1916年(大正5)の『哲学概論』も含めて、このころまでは、カント、ヘーゲルを中心として着実に西洋哲学を研究しようとする姿勢がみられる。1919年学習院教授となり、『行(ぎょう)の哲学』(1923)に至ると、この書の末尾に「我は日本人なり」と大書しているように、ヘーゲルの弁証法に儒教や仏教の思想を折衷し、国民道徳を形成していこうとする志向が強くみられるようになった。1932年(昭和7)以降、国体精神の教化を目的とする国民精神文化研究所の理論的指導者として活躍した。[渡辺和靖]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

紀平正美の関連キーワード池上鎌三植田清次勝部謙造桂寿一川合貞一須田豊太郎淡野安太郎速水敬二宮本和吉山元一郎

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone