日本主義(読み)にほんしゅぎ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日本主義
にほんしゅぎ

明治から第2次世界大戦敗戦までにおける欧化主義,民主主義,社会主義などに反対し,日本古来の伝統や,国粋を擁護しようとした思想や運動をいう。一定の思想体系をなしていたとはいえず,論者により内容が相違する。明治の支配層が押し進めた欧化主義への反発として,三宅雪嶺高山樗牛らによって唱えられ,政治的には欧米協調主義への反対,国権や対外的強硬策の強調となって現れた。大正や昭和になって日本の資本主義の高度化が,階級対立を激化させ,社会主義やマルクス主義が流入すると,これら諸思想の対抗イデオロギーとして機能し,天皇を中心とする皇道や国体思想を強調した。 (→神国思想 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

にほんしゅぎ【日本主義】

日本本来の精神を国家・社会の基調としようとする主張。極端な欧化主義の反動として、明治中期に高山樗牛ちよぎゆう・井上哲次郎らが主唱。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

にほん‐しゅぎ【日本主義】

〘名〙 日清戦争(一八九四‐九五)後、井上哲次郎・高山樗牛らが唱えた主義、運動。日本伝統思想と欧州近代哲学思想を折衷し、君民一体・忠君愛国・キリスト教排撃などを主旨とした。代表論文は明治三〇年(一八九七)六月に高山が「太陽」誌上に発表した「日本主義を賛す」。同年大日本協会の設立により機関紙「日本主義」も発刊された。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の日本主義の言及

【国粋主義】より

…敗戦までの近代日本において欧化ないし欧化主義に対立して,国粋つまり日本国民固有の長所を維持・発揚するよう主張した思潮。日本主義ともいう。時期により変遷はあるが,血統的に一系の天皇をいただく日本の国家体制の〈優秀性と永久性〉を強調する国体論が,核心をなした点では変りがないといってよい。…

※「日本主義」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日本主義の関連情報