コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

閲微草堂筆記 えつびそうどうひっきYue-weicao-tang bi-ji

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

閲微草堂筆記
えつびそうどうひっき
Yue-weicao-tang bi-ji

中国,清の奇談集。紀いんの著。 24巻。嘉慶5 (1800) 年刊。『 灤陽 (らんよう) 消夏録』『如是我聞』『槐西雑志』『姑妄聴之 (こもうちょうし) 』『 灤陽続録』の5種から成り,乾隆 54 (1789) 年から嘉慶3 (98) 年にかけて書かれたものを,門人の盛時彦 (せいじげん) が合刊したもの。閲微草堂は紀いんの書斎の名。幽霊や狐狸の怪談が主であるが,異国の物産や伝説,作者の追憶談なども含まれる。当時流行していた『聊斎志異 (りょうさいしい) 』が文体では六朝の志怪小説と唐の伝奇小説を,内容では見聞と空想とをそれぞれ混用しているという不満が執筆の一つの動機であり,本書はいずれも前者に従って,典雅簡潔な文体で,市井の事件の見聞を記録するという態度をきびしく保って書かれている。文末につけられた各事件に対する評語にも,紀いんの深い学識と見識が示され,『聊斎志異』と並んで広く読まれ,かつては本書のほうが怪異小説の模範と考えられたこともあった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

閲微草堂筆記【えつびそうどうひっき】

中国,清代の文語体短編奇談集。《四庫全書》編纂を終えた紀【いん】(きいん)〔1724-1805〕の著。門人の盛時彦が1編に編集。狐鬼幽怪の怪談・奇談を淡々と記す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

えつびそうどうひっき【閲微草堂筆記 Yuè wēi cǎo táng bǐ jì】

中国,清の紀昀(きいん)の著。文言の志怪小説。門人が紀昀の校閲をうけて1800年(嘉慶5)に《灤陽銷夏録(らんようしようかろく)》以下5種を合刊した。すでに《四庫全書》編纂の大業を終えた一代の碩学の筆のすさびに成るが,清初の一書生,蒲松齢の《聊斎志異》が流行するさなかへ,〈小説〉は勧善に資し,その本義は見聞を語るにあり,空想を廃すべしとの主張を厳格に実践し,市井の事件も怪談奇談も,いかに典雅で簡潔な文章をもって記しうるかを示している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

えつびそうどうひっき【閲微草堂筆記】

中国清代の筆記小説。紀韵きいん著。1789年から98年に発表した「灤陽消夏録」「如是我聞」「槐西雑志」「姑妄聴之」「灤陽続録」を合刻して1800年に刊行。怪異談を集め、考証を交えたもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

閲微草堂筆記
えつびそうどうひっき

中国、清(しん)代の学者紀(きいん)が集めた怪奇譚(かいきたん)集。24巻。四庫全書総纂(そうさん)官の仕事を終えた紀が、公務の余暇に自らの見聞に基づいて珍奇な話を書き記したもの。「陽消夏録(らんようしょうかろく)」6巻(1789)、「如是我聞(じょぜがもん)」4巻(1791)、「槐西雑志(かいせいざっし)」4巻(1792)、「姑妄聴之(こもうちょうし)」4巻(1793)、「陽続録」6巻(1798)と別々に刊行されたのを、1800年に合刻した際この書名がつけられた。「閲微草堂」は紀の書斎名。端正な文語で書かれ、中国志怪(しかい)小説の最後を飾るもの。[佐藤 保]
『前野直彬訳『中国古典文学大系42 閲微草堂筆記他』(1971・平凡社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例