納所遺跡(読み)のうそいせき

世界大百科事典 第2版の解説

のうそいせき【納所遺跡】

三重県津市納所町にあり,1973年から75年にかけて,県道バイパス建設に先立つ発掘調査を実施した結果,弥生時代前期から古墳時代前期に至る一大集落跡であることが判明した。遺跡は,安濃あのう)川が津市北西郊で大きく蛇行して東流する部分の,左岸一帯の自然堤防上に位置し,現地形は標高5m前後の水田地帯となっている。弥生時代前期の遺構には,遺物の豊富な自然流水路と7条の溝などがあり,中期には竪穴住居跡15棟,方形周溝墓5基,土壙墓14基以上のほか,大小の溝跡や自然流水路などがあってその中心を占めている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android