コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立身出世 りっしんしゅっせ

5件 の用語解説(立身出世の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

立身出世
りっしんしゅっせ

社会移動には水平的移動と垂直的移動があるが,立身出世は後者のうちの上昇過程をさす。立身出世は,封建社会村落社会といった身分社会においては,身分秩序を破壊するものとして否認された。社会分化の進んだ流動的近代社会においては,逆に社会変動の要因として積極的にすすめられ,能力のある人間は競争によって階層上昇 (立身出世) が可能となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

りっしん‐しゅっせ【立身出世】

[名](スル)社会的に高い地位を得て、世に認められること。「―して故郷に錦を飾る

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

りっしんしゅっせ【立身出世】

社会的上昇移動についての日本における伝統的呼称。社会的上昇意欲自体は江戸時代にもたいへん強かった。武士たちはそれを立身で,町人たちはそれを出世で表現した。立身は儒教の用語で,出世は仏教から転用された用語である。しかし江戸時代は身分秩序の社会だったから,分限意識(小欲知足)のような立身出世の対抗規範が存在し,とくに身分の壁を越える上昇移動は望ましい価値とはなりにくかった。立身出世が望ましいものとされたのは明治維新以後のことである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

りっしんしゅっせ【立身出世】

( 名 ) スル
高い官職や地位につき、有名になること。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

立身出世
りっしんしゅっせ

本人の能力、努力、才覚などによる社会的地位の上昇を是認する観念。それは、階層社会に生きる人間の欲望に根ざしており、時代や社会によってさまざまの現れ方をする。
 日本の場合を振り返ってみよう。士農工商の身分制度が確立していた江戸時代においても、「立身」とか「出世」とかいうことばが庶民に向けて説かれていた。それはひとことで述べれば、質素と倹約を旨とし、欲望を抑え堪忍を重ねて「世に出て身を立てること」すなわち、世の中で自分自身の力できちんと生活していけるようになることを意味していたのであった。それは、固定的な職分社会における生活倫理を教えたもので、それぞれの職分を人々に尊敬されるようにりっぱに遂行するための行動様式を説いたものであった。
 明治維新になると社会は一変し、人々に上昇的社会移動の機会が拡大されるようになった。そして、立身出世が上昇移動と結び付くこととなった。当時のベストセラーであるスマイルズの『西国(さいごく)立志編』(1870~71)や福沢諭吉の『学問のすゝめ』(1872)は、人々に自らの才覚と努力で立身出世(=上昇移動)を勧める内容であり、また当時の個人レベルの立身出世はそのまま国家レベルの立身出世(=列強への追い付き)と重なり、立身出世は公的にも正当化された。その後明治後期からしだいに社会階層が固定化し安定化するようになると、社会的上昇移動のコースは学校や官僚制によって制度化され、それとともに立身出世の観念も当初の野性味を失い、形式化、矮小(わいしょう)化されるに至った。
 第二次世界大戦後の平等主義的風潮は、矮小化された立身出世をもマイナス・イメージに下落させることとなった。しかし、現在でも立身出世はプラス規範とマイナス規範とのアンビバレント(併存の)傾向を備えた集合意識として存在している。日本において立身出世の実現にとって必要なものは、学歴と集団主義的適応能力といわれている。[麻生 誠]
『門脇厚司著『現代の出世観』(1977・日本経済新聞社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の立身出世の言及

【西国立志編】より

…総発行部数は100万部以上といわれ,明治期をとおして広く読まれた。社会的栄達の方法を説くことを直接の目的とはしていなかったが,〈立身出世〉の手引書として読まれる傾向があり,本書をまねて成功の秘訣を記した書物が多数出版された。青少年の上昇意欲を喚起することで,本書は近代日本の発展の精神的支柱となった。…

※「立身出世」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

立身出世の関連キーワード社会調査社会的距離於ける社会的三国仏法伝通縁起介護の日ジャパン&ワールド血糖上昇指数《19世紀における数学の発展について》《日本における社会主義の道》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

立身出世の関連情報