コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

成(り)上(が)り ナリアガリ

4件 の用語解説(成(り)上(が)りの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

なり‐あがり【成(り)上(が)り】

成り上がること。また、その者。多く軽蔑の気持ちを込めるなどしていう。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

なりあがり【成上り】

狂言の曲名。太郎冠者狂言。大蔵,和泉両流にある。太郎冠者は,清水(きよみず)に参籠(さんろう)する主人の太刀を預かって供をするが,不覚にも眠ってしまう。その隙に都のすっぱが,太刀を青竹とすり換えてしまう。翌朝目を覚ました冠者は驚きあわてるが,青竹を隠し持って帰る道中,〈嫁が姑,小犬が親犬,渋柿が熟柿,山芋がウナギになるのを世上で成り上がりという〉と話し,主人の太刀もこのように青竹に成り上がりましたと示して,主人に叱られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

なりあがり【成上り】

狂言の一。眠っている間に、詐欺師に主人の刀を竹棒とすりかえられた太郎冠者は、刀が竹に成り上がってめでたいと言い訳する。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

成上り
なりあがり

狂言の曲名。太郎冠者(かじゃ)狂言。主人が太郎冠者(シテ)に太刀(たち)を持たせ、鞍馬(くらま)へ参籠(さんろう)すると、冠者が眠っている間にすっぱ(詐欺師)が太刀を青竹にすり替えてしまう。目を覚まし驚いた冠者は竹を隠し持って帰途につき、山芋が饅(うなぎ)、蛙(かえる)が兜虫(かぶとむし)、燕(つばめ)が飛魚(とびうお)、嫁が姑(しゅうとめ)になるのを世間では成り上がるというなどと話しておき、この太刀も青竹に成り上がったと主人にみせる。主人はそれは盗人のしわざだと叱(しか)り、待つところへ、昨夜のすっぱが通りかかる。主人が捕まえ縄を命ずると、冠者はそれから悠々と縄を綯(な)い、いわれるままに後ろから主人にかける。喜んで逃げるすっぱを主従が追い込む。以上は和泉(いずみ)流の筋(すじ)で、大蔵(おおくら)流では太刀が竹杖(たけづえ)に成り上がったという冠者を主人が叱って終わる。成り上がり話をする冠者のとぼけた味わいが見どころである。[小林 責]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

成(り)上(が)りの関連キーワード清水千鳥萩大名武悪止動方角空腕縄綯寝音曲素袍落(素襖落)棒縛∥棒しばり