コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

細川ガラシャ ほそかわガラシャ

7件 の用語解説(細川ガラシャの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

細川ガラシャ
ほそかわガラシャ

[生]永禄6(1563)
[没]慶長5(1600).7.17. 大坂
安土桃山時代の武将明智光秀の次女,細川忠興の妻。本名は玉。諡号は秀光院。天正7 (1579) 年織田信長の命令によって結婚。忠隆,興秋,忠利の3子を生んだ。同 10年父光秀が信長を本能寺で殺害した際,忠興に離縁されたが,変後徳川家康のとりなしで復縁。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ほそかわ‐ガラシャ〔ほそかは‐〕【細川ガラシャ】

[1563~1600]細川忠興の妻。明智光秀の娘。名は玉。ガラシャは洗礼名。高山右近の影響でキリスト教に改宗。関ヶ原の戦いに際し、石田三成に反抗して自殺。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

細川ガラシャ【ほそかわガラシャ】

明智光秀の娘。細川忠興(ただおき)の妻。本名たま,ガラシャは洗礼名。織田信長の命により,忠興に嫁し(1578年),3子を産んだ。本能寺の変により離縁されたが,豊臣秀吉のはからいで復縁。(1563-1600)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

細川ガラシャ ほそかわ-ガラシャ

1563-1600 織豊時代のキリシタン。
永禄(えいろく)6年生まれ。明智(あけち)光秀の娘。細川忠興(ただおき)の妻。本能寺の変後,夫により丹後(京都府)味土野(みとの)に幽閉される。豊臣秀吉にゆるされ復縁。高山右近(うこん)らの影響で,天正(てんしょう)15年受洗。関ケ原の戦いに際し,石田三成方の人質要求を拒否し,慶長5年7月17日家老の手でみずからの命をたった。38歳。名は玉。ガラシャ(伽羅奢)は洗礼名。
【格言など】先立つはおなじ限りの命にもまさりて惜しき契(ちぎり)とぞしれ(辞世)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

ほそかわガラシャ【細川ガラシャ】

1563‐1600(永禄6‐慶長5)
安土桃山時代の女性。本名たま。ガラシャ(伽羅奢)はキリスト教受洗名。諡号(しごう)は秀林院。明智光秀の次女。母は妻木勘解由左衛門範凞女。1578年(天正6)織田信長の命令で細川忠興に嫁す。82年父光秀が本能寺で信長を殺し,細川藤孝・忠興父子は光秀の誘いを退け,たまは丹後国味土野(みとの)に幽閉させられた。その後,豊臣秀吉の命により許され,夫のもとに戻った。87年,かねて高山右近がキリスト教の教義について語るのを忠興より聞いて関心をもち,忠興が島津征伐のための出陣中に屋敷を抜け出し,大坂の聖堂に行き伝道士の教示を聞いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ほそかわガラシャ【細川ガラシャ】

1563~1600) 安土桃山時代のキリシタン。細川忠興の室。明智光秀の女むすめ。名は玉。ガラシャは洗礼名。関ヶ原の戦いの際,人質として大坂城に入城することを拒み,家臣の手で最期を遂げた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

細川ガラシャ
ほそかわがらしゃ
(1562?―1600)

細川忠興(ただおき)の夫人。キリシタン婦人としても著名。ガラシャは教名で、本名は「玉(たま)」。明智光秀(あけちみつひで)の娘で、織田信長のとりなしによって、細川藤孝(ふじたか)の嫡男与一郎(よいちろう)忠興に嫁した。丹後(たんご)(京都府)の宮津で過ごす間、聡明(そうめい)な玉は禅宗について学ぶところがあったが、本能寺の変(1582)が起こり、反逆人の女として丹後の味土野(みとの)に幽閉された。やがて大坂の細川邸に戻ることを許されたが、そこで夫の忠興からキリシタン宗門について間接的に教わるところがあり、心をひかれる。ついで1587年(天正15)、忠興が九州征伐に従軍のため不在の間に大坂の教会を訪れ、また侍女を通じて教理を学び続け、ガラシャの教名で侍女から受洗した。その後、邸内でキリシタンの信仰を深めたが、1600年(慶長5)関ヶ原の戦いにおいて夫忠興は徳川方についたので、ガラシャは豊臣(とよとみ)方より人質として大坂入城を強要され、大坂玉造(たまつくり)の細川邸において石田勢に囲まれる間、家臣の手で自らの命を絶った(7月16日)。[松田毅一]
『H・ホイベルス著『細川ガラシャ夫人』(1966・春秋社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の細川ガラシャの言及

【明智光秀】より

…安土桃山時代の武将。明智氏は美濃土岐の一族だが,光秀は初め越前の朝倉義景に仕え,そして足利義昭が朝倉氏のもとに流寓したとき出仕し,ついで織田信長の家臣となり義昭の上洛に尽力,義昭と信長に両属して申次(もうしつぎ)を務め,京都の施政にも関与した。室町幕府滅亡後は信長に登用され征服戦に参加,1571年(元亀2)近江坂本城主となり,75年(天正3)惟任(これとう)日向守と称し,丹波の攻略に着手,79年八上城の波多野秀治らを下して平定し,80年亀山城主となり,ついで細川藤孝,筒井順慶,中川・高山諸氏を与力として付属され,京都の東西の要衝を掌握,美濃・近江・丹波の諸侍や幕府旧臣を中核とする家臣団を形成した。…

【弥栄[町]】より

…京都府北部,竹野郡の町。人口6125(1995)。丹後半島中央部に位置する。中央に金剛童子山(613m)がそびえ,東麓を宇川,西方を竹野川が各々北流し,竹野川流域に平野が開ける。金剛童子山は役行者(えんのぎようじや)が開いたと伝え,修験の行場があった。《丹後国風土記》逸文にみえる羽衣伝説にまつわる奈具(なぐ)神社や,溝谷神社など式内社がある。中世には石清水八幡宮領黒戸(くろべ)荘,国衙領野間村,皇室領船木荘などが設置されていた。…

※「細川ガラシャ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

細川ガラシャの関連キーワード五辻富仲道恵文閑山岡如軒北小路俊孝安土桃山時代安土桃山文化織豊時代桃山時代伊勢・安土桃山文化村

今日のキーワード

パラリンピック

障害者スポーツ最高峰の大会。国際パラリンピック委員会(IPC : International Paralympic Committee)が主催している。もう1つのオリンピックという意味を表すparal...

続きを読む

コトバンク for iPhone

細川ガラシャの関連情報