固定比率(読み)こていひりつ(英語表記)ratio of net worth to fixed assets

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

固定比率
こていひりつ
ratio of net worth to fixed assets

企業の財務内容を分析診断するうえで用いられる指標の一つ。企業の固定資産自己資本の対応関係を調べるための比率で,固定資産÷自己資本によって算出される。この比率は諸外国では 100%以下であることが原則とされる。すなわち固定資産に投下する資本は自己資本をもって行うことが必要であるという原則に立っている。なおこの比率は欠損のため自己資本がマイナスになる場合は算出されない。最近の日本の企業の固定比率は 250%前後の値を示している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こてい‐ひりつ【固定比率】

自己資本に対する固定資産の割合。財務の健全性を判断するための指標の一つで、数値が低いほど安全性が高い。→固定長期適合率
[補説]土地・建物・機械設備など長期間にわたって使用する固定資産は、返済期限のない自己資本で調達するのが安全といえる。固定比率が100パーセントを下回っていれば、固定資産がすべて自己資本で賄われていることになり、理想的とされる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

人材マネジメント用語集の解説

固定比率

・fixed ratio
・固定比率 = 固定資産 ÷ 自己資本
・長期間資金が拘束されてしまう固定資産に対して、どの程度、返済期限が無い自己資本で賄われているか、資金の安定性を判断する指標である。
・固定資産は、長期に渡って使用される資産(機械類や工場等)である為、返済義務のある負債(他人資本)でなく、返済の必要のない自己資本での調達が望ましい。
・固定比率が低い程、資金調達が安定しているが、逆に固定比率が高いと他人資本に依存していることを意味し、安定性が低いと考えられる。
・銀行や取引先は、固定比率も用いて倒産リスクを判断することもあるため、安定性が低い企業は、状況次第では、増資によって自己資本を増やす等行い固定比率を改善することが求められる。
・尚、一般的には、土地、建物、機会などを所有する製造業では固定比率は高いが、IT業界といった固定資産をあまり持たない業界は固定比率が小さくなる傾向がある。

出典 (株)アクティブアンドカンパニー人材マネジメント用語集について 情報

株式公開用語辞典の解説

固定比率

貸借対照表から財務の安全性(健全性)をみるための一指標。固定資産がどの程度自己資本でまかなわれているのかをみることができる。固定資産は、1年以上にわたり使用される資産であることから、この調達源泉は、返済期限のない自己資本で賄うのが、安全な財務措置といえる。よって、この指標は、低ければ低いほど好ましい。 しかし、日本の実情に即した財務の安全性を検討するためには、固定比率よりも、固定負債をも考慮した固定長期適合率が適当であると考えられている。

出典 株式公開支援専門会社(株)イーコンサルタント株式公開用語辞典について 情報

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

固定比率

固定資産/自己資本×100(%)。 自己資本に対する固定資産の割合で100%以下が望ましいとされる。固定資産は長期にわたって減価償却を行っていくものだから、本来は返済義務のない自己資本でまかなわれるべき。この比率が100%を超えると、借入金で設備投資を行っていることになり、後年借入金利負担が生じるおそれがある。この比率が低い場合は、設備投資に消極的なのか、またはリース資産の活用によるためか、などが考えられる。

出典 ナビゲートナビゲート ビジネス基本用語集について 情報

大辞林 第三版の解説

こていひりつ【固定比率】

固定資産を自己資本で割った比率。企業の財務的安定性を示す経営指標の一つ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

固定比率
こていひりつ

経営分析において財務の安全性もしくは健全性を示すものとして使用される指標の一つ。次の算式によって計算される。

 企業経営にとって、長期にわたって使用することを予定する固定資産(土地、建物、機械設備など)は、返済期限をもたない自己資本によって調達されることが望ましい。この対比を計算したものが固定比率であるが、そのような意味から、単純な評価としては、100%を目安として低いほうがよいとされている。ただし、100%未満であれば、自己資本の余剰がほかのどのような資金需要に向けられているか、100%を超えていれば、ほかのどのような資金調達(たとえば長期借入金)でまかなわれているかということを検討することが肝要である。同様の意義をもった類似の指標である固定長期適合率(固定資産を自己資本と固定負債の合計額で除したもの)とともに評価される指標である。[東海幹夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

こてい‐ひりつ【固定比率】

〘名〙 自己資本に対する固定資産の比率。百パーセント以下がよい。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の固定比率の言及

【財務分析】より

…また流動性の〈純度〉を調べるという意味から,酸性試験比率ともよばれる。(8)固定比率 固定資本のどのくらいを自己資本で賄っているかをみる指標。固定資産の自己資本に対する割合によって示される。…

※「固定比率」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android