コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

経営社会学 けいえいしゃかいがく Betriebssoziologie

3件 の用語解説(経営社会学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

経営社会学
けいえいしゃかいがく
Betriebssoziologie

企業を一つの人間集団,つまり一つの社会構成体として把握する産業社会学の一分野。たとえば人間疎外ブルーカラーホワイトカラーの関係,経営者と労働組合との関係,経営における権力,企業という環境におかれた個人の行動様式などを解明しようとしている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

経営社会学【けいえいしゃかいがく】

産業社会学

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

経営社会学
けいえいしゃかいがく
Betriebssoziologieドイツ語

経営組織を社会学的視点から研究する学問分野。経営組織とは、ある特定の目的を遂行するために結成された社会集団で、公私の企業組織だけでなく、官僚制支配機構をはじめ、研究教育機関、医療機関宗教団体政治結社、その他の各種の社会集団で、目的達成のために遂行されている経営活動にまつわる社会的側面が研究の対象となる。とりわけ、企業組織における意思決定過程とその実行過程の社会関係的側面が研究の中心となっている。意思決定過程に関しては、天下り方式の西欧型ビューロクラシーと対照的な、意思決定の積上げ方式である日本特有の稟議(りんぎ)制度の動態に関心が集まっている。また、その実行過程に関しては、より実効性のある成果を期待するために、意思決定への参加の制度化としての各種の経営参加方式の実態に注目する研究が盛んに行われており、とくに自主管理制度や小集団活動の制度化への関心が高い。
 このほか、高度工業化社会における経営環境の変化への対応から、日本の経営風土に根ざした企業内労働組合組織に基づく労使関係のあり方や、終身雇用制度を軸にした雇用従業者のまる抱え的な生活管理、労務管理のあり方の再検討が問題になっている。[本間康平]
『本間康平他著『産業社会学入門』(有斐閣新書) ▽尾高邦雄著『産業社会学講義』(1981・岩波書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

経営社会学の関連キーワード調和級数点推定一級一国一城一法凝り固まり一つ家催合い事業分離《人間集団の領域研究》

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone