コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

社会構成体 しゃかいこうせいたいGesellschaftsformation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

社会構成体
しゃかいこうせいたい
Gesellschaftsformation

マルクス主義の社会構造論。生産力の一定の発展段階に見合う生産関係 (生産,分配,交換,消費をめぐって形成される社会関係) が社会の下部構造をなし,その現実的土台のうえに政治的,法律的制度や組織が整えられ,さらにそれが宗教的,芸術的,哲学的,また理念的,イデオロギー的な社会的意識が照応する形で上部構造が成立する。このようにマルクス主義の社会構造論は建築のアナロジーで組立てられている。この枠組みを用い,生産力と生産関係,生産関係と上部構造の矛盾調和のダイナミズムという視点から歴史を全体的にとらえようとするのが史的唯物論のアプローチである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しゃかいこうせいたい【社会構成体 Gesellschaftsformation[ドイツ]】

史的唯物論の立場から社会発展を世界史的に把握する際の基本概念。発展段階あるいは歴史の時代区分にも相当する。経済的社会構成体ökonomische Gesellschaftsformationあるいは社会経済構成体sozialökonomische Formationともいう。人間は生きていくために,彼自身の意志を超えて与えられている一定の社会関係にはいらねばならない。この関係の基本が生産関係であり,これは,その時代に相応する発達程度の生産力に照応している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

社会構成体
しゃかいこうせいたい
(konomische) Gesellschaftsformationドイツ語

唯物史観の立場から世界史の累重的発展を考察する際の基本的概念。人間はその生活を社会的につくりあげるにあたって、彼らの意志のいかんにかかわらずに存在する社会関係、すなわち物質的な生産力に照応する生産関係に入る。この生産関係の総体つまり社会の経済的構造は「土台」(下部構造)として、また法律的、政治的、宗教的などの社会的意識諸形態はこの土台のうえに形成される「上部構造」としてとらえられ、歴史発展の究極的原動力はこの土台の内部における生産力と生産関係との矛盾に求められる。この意味での土台と上部構造とを包括的に把握するものが社会構成体としての社会の概念にほかならない。マルクスは、アジア的、古典古代的、封建的および近代市民的生産様式を(経済的)社会構成体の相次ぐ諸時期として区別し、近代市民的(ブルジョア的)生産関係を社会的生産過程の最後の敵対的形態とみた。[大江泰一郎]
『マルクス著、マルクス=エンゲルス全集刊行委員会訳『経済学批判への序説』(『マルクス=エンゲルス全集 第13巻』所収・1964・大月書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の社会構成体の言及

【時代区分】より

…ただし各国史における時代区分はそれぞれ違う場合が多いので注意を要する。 一方,マルクスは近代資本制の本質を明らかにすることによって人間による人間の搾取なき社会の建設を革命の目標としたため,社会の全体的構造の変革を可能にする方法概念として〈経済的社会構成体〉(あるいはたんに〈社会構成〉)なる範疇をつくりあげた。そして人類の歴史を社会の経済構造を基礎とする社会構成の相次ぐ交替としてとらえ,原始共同体に後続する歴史時代の区分原理を,当該社会の社会構成によって規定される階級関係の質,搾取形態の質に求めた。…

※「社会構成体」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

社会構成体の関連キーワードフリードリッヒ ゴットル‐オトリリエンフェルトゴットル=オットリリエンフェルトゴットル・オットリリエンフェルトアミン(Samir Amin)ゴットル・オトリリエンフェルト社会(society)アジア的生産様式古代社会(歴史)経済学方法論経営社会学虚偽の意識ウクラード社会革命社会変動領土紛争原始社会政治体制社会体制白南雲所有

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android