絞死(読み)コウシ

  • こうし〔カウ〕
  • 絞死 ligature strangulation

世界大百科事典 第2版の解説

頸部が状物で,自己の体重以外の力によって締められて死ぬこと。他為的な場合が絞殺,自為的な場合が自絞死である。自絞死では,紐状物が緩まないように結節が作られていたり,数回以上巻きつけられていることが多い。絞死の際は,頸部に紐状物による圧迫痕(絞溝または絞痕)が生じ,頸部の静脈は容易に閉塞されるが動脈は閉塞されにくいため,頭部顔面に強い鬱血(うつけつ)を生じ,眼結膜に溢血点(いつけつてん)が出現する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

紐(ひも)など(索条)が頸(くび)に巻かれ、これに死亡者の体重以外の力(他人または自己の手、それに類する外力)がかかって頸部(けいぶ)が締められ(絞頸(こうけい))死亡することで、首絞(し)め、絞首(こうしゅ)ともいう。他殺による場合が絞殺であり、自殺の場合が自絞死である。定型的な場合は、索条が喉頭(こうとう)隆起より下位頸部をほぼ水平輪状にかかり、一般に均等の深さの索条の跡(絞痕(こうこん))を残す。絞頸の場合、頸部血管の圧迫は、自己の体重を利用して頸部を圧迫する縊頸(いけい)より不均衡で弱いため、死亡時間も縊死よりやや長く、顔面の紫赤色、腫脹(しゅちょう)、微小出血点も著しい。死因には、気道と頸部血管神経の圧迫がかかわるが、気道圧迫(閉鎖、狭窄(きょうさく))による窒息が主因となる。

 索条が15キログラム以上の力で作用したり、頸部最上位にかかると完全な気管閉鎖を生じる。普通は絞殺が多いが、自絞死もまれでない。首にかけた荷物の紐による事故死もある。絞殺では、索条をとろうとした被害者の爪(つめ)跡がときに頸部に残る。加害者が索条を除去しているときは、絞痕付着線維屑(せつ)が重要となる。

[澤口彰子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android