コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

網膜色素変性症 もうまくしきそへんせいしょう

6件 の用語解説(網膜色素変性症の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

網膜色素変性症
もうまくしきそへんせいしょう

網膜内で視覚機能を担う視細胞が徐々に変性し,視力が低下していく遺伝性進行性の眼疾患。初期には夜盲症視野狭窄が起き,年をとるにつれて両眼の視力が低下する。白内障色覚異常を伴って失明にいたる場合もあるが,進行速度や発症年齢,重症度などには個人差が大きい。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

網膜色素変性症

網膜に異常が起き、暗闇で見えにくかったり、視野が狭まったり、視力が低下したりする進行性の難病。老年で社会的失明(矯正視力約0・1以下)となる例も多い。数千人に一人の割合でいると言われている。

(2015-05-28 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

もうまくしきそ‐へんせいしょう〔マウマクシキソヘンセイシヤウ〕【網膜色素変性症】

加齢につれて網膜が変性する遺伝性の病気。夜盲症・視野狭窄(しやきょうさく)の症状がみられ、視力が低下し失明に至る。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家庭医学館の解説

もうまくしきそへんせいしょう【網膜色素変性症 Retinal Pigmentary Dystrophy】

[どんな病気か]
 年をとるにつれて網膜が変性し、徐々に両眼の視力が失われる遺伝性の病気です。
 赤ちゃんのころにはなんの異常も現われませんが、思春期ごろになると夜盲症(やもうしょう)(暗いところではものが見にくくなる)や視野狭窄(しやきょうさく)(目で見える範囲が周辺から欠け、だんだん狭くなってしまう)が少しずつ進んできます。
 ただし、症状の出始めのころは、視力の低下はそれほど顕著でないため、ほとんど不自由を感じることはありません。
 しかし、年をとるにつれて視野狭窄が悪化し、めがねをかけても字が読めなくなるほど視力が低下します。白内障(はくないしょう)も合併しますが、これは手術で治療できます。
 この病気は、厚労省の特定疾患(とくていしっかん)(難病(なんびょう))に指定されており、治療費の一部は公費で支払われます。
[原因]
 遺伝性の病気と考えられています。網膜には、光を感じる視細胞(しさいぼう)と、そのはたらきを助ける網膜色素上皮細胞(もうまくしきそじょうひさいぼう)とがありますが、これらが年とともに変性し、はたらきが失われます。その結果、網膜全体の変性が徐々に進行し、視力や視野が強く障害されます。
[検査]
 視力・視野検査、暗順応検査(暗いところで、どれだけ対応できるかを調べる検査)、網膜電位検査、眼底検査などが行なわれます。
[治療]
 現在、この病気の進行を止める治療法はありませんが、細胞のはたらきを助けるため、血液循環をよくする薬やビタミン剤が使用され、暗順応を改善させる薬が使用されることもあります。
 少しでも網膜を保護するため、強い光は避けるようにし、サングラスや網膜を保護するイエローレンズのめがねを使用します。
 最近、この病気の原因遺伝子が次々に発見されていますので、将来は遺伝子治療が可能になるかもしれません。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

大辞林 第三版の解説

もうまくしきそへんせいしょう【網膜色素変性症】

夜盲と視野狭窄を主症状とする遺伝性疾患。学童期から青年期に発症し、進行性の経過をとることが多い。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

網膜色素変性症
もうまくしきそへんせいしょう

夜盲をきたす代表的な遺伝性疾患で、特定疾患(難病)に指定されている。網膜の視細胞の一つである桿体(かんたい)が遺伝性に障害されるところから桿体ジストロフィーともよばれる。遺伝形成には常染色体劣性と優性のものとがある。劣性遺伝のものは両親に近親結婚のことが多く、子供のころに発病し、夜盲の程度もしだいに悪化するとともに、視野が周辺部のほうからしだいに狭くなってくる。最後には視野の中心のごくわずかな部分が見えるだけになる。これに対し、優性遺伝のものは発病も遅く、進行も遅い。眼底には鳥の足跡状の特有な色素斑(はん)が認められ、血管が細くなり、視神経乳頭にも萎縮(いしゅく)がみられるようになる。網膜は中心部を除いて、ざらざらした感じの変性状態を示すようになる。
 治療法としては、循環改善剤を投与し、強い光線がこの病気を進行させることがわかっているのでサングラスをかける。
 人生の問題で悩みが生じた場合は遺伝相談を受け付けている病院が多い。[松井瑞夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

網膜色素変性症の関連キーワードコステン症候群歌は世につれ世は歌につれ連れて連れる年を取る何心地抹香鯨ドンナ縦隔ヘルニア/縦隔転位一ギャル

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

網膜色素変性症の関連情報