コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

綿菓子 ワタガシ

4件 の用語解説(綿菓子の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

わた‐がし〔‐グワシ〕【綿菓子】

白ざらめを加熱して溶かし、遠心分離機で噴き出させ、糸状になったものを棒に巻き付けた綿状の砂糖菓子。電気飴(でんきあめ)。綿飴。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

綿菓子【わたがし】

砂糖菓子の一種。白ざらめを原料とし,遠心機を利用して作る。暖めて溶かした砂糖液をごく細い孔から回転させながら押し出すと,外気に触れて白く結晶化し繊維状となる。これを割箸(わりばし)に巻きつけ綿状の飴(あめ)とする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

わたがし【綿菓子】

綿を巻きつけたような菓子。ざらめをとかした液を温めながら細い穴から吹き出して割り箸ばしなどで巻きとったもの。わたあめ。電気あめ。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

綿菓子
わたがし

綿飴(わたあめ)または電気飴ともいう。駄菓子の一種で、大正時代から祭礼や縁日などにはかならず出店する行商の風俗となった。大さじ2、3杯のざらめに赤い色素を加え加熱されている回転がまに入れるとざらめは瞬時に溶ける。これをスプリンクラーにかけ、細い穴から遠心力を利用して円筒形の金属壁に向けて霧状にまき散らす。加熱はガス。電気で回転させるが穴から噴き出て空気に触れると、糖分の濃い霧が冷却され、クモが糸を吐き出すように綿状の繊維をつくりだす。これを割箸(わりばし)でからめ取ったのが綿菓子である。大さじ1杯で数人分の綿菓子ができるので利潤は大きく、第二次世界大戦前はかるめ焼きとともに子供の人気をさらった。戦後は郷愁を誘う駄菓子として返り咲いている。[沢 史生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

綿菓子の関連情報