(読み)い

精選版 日本国語大辞典「緯」の解説

【緯】

〘名〙
① 織物などの横糸。ぬき。また、物事をなす二つの重要な要素のうちの一つをいう。
※小学読本(1873)〈榊原芳野〉一「箕は穀の塵を去る器なり。楮皮を割て経とし小竹を緯として織造る」
② 東西の方向。地球の緯線の方向。⇔経(けい)
※和蘭通舶(1805)「南北を緯と云ひ、東西を経と云ふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「緯」の解説

ぬき【緯】

《「」と同語源》
織物の横糸。ぬきいと。
横に通っているもの。よこすじ。

い【緯】[漢字項目]

常用漢字] [音](ヰ)(呉)(漢) [訓]よこいと
織物の横糸。「経緯
左右・東西の方向。「緯度黄緯北緯
(儒教の教理を説く「経(けい)」に対して)神秘的な吉凶・予言を説く書。未来記。「緯書讖緯(しんい)
[難読]経緯(いきさつ)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android