コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

罪障 ザイショウ

大辞林 第三版の解説

ざいしょう【罪障】

〘仏〙 往生の妨げとなる罪業ざいごう

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の罪障の言及

【犯罪】より

…社会とくに共同体の公共性を犯すものは社会的犯罪,特定の社会的役割に対する期待を犯すものが道義的犯罪,良心や倫理を犯すものが道徳的犯罪などと一応区別されるが,いずれも一括して罪悪・罪過などともよばれるように,明確な区別をつけにくいことが多い。これらに対し,神をはじめとし,祖先を神格化した祖霊や超自然的力ないしそれに基づく精霊などの神霊の権威を犯す宗教的犯罪は,しばしば罪障,罪業,冒瀆(ぼうとく)などとよばれて前者と区別される。国家の法を犯す刑法上の犯罪は,これらとはまた別の類型である。…

※「罪障」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

罪障の関連キーワードペスト(カミュの小説)ハサン・アルバスリー法華懺法・法華懴法バイシェーシカ学派さよひめのさうし咎送り・科送り生類憐みの令カタルシス千箇寺参り尊勝陀羅尼剃り毀つ宝篋印塔和泉式部一蓮托生滅罪生善ガンガー法華懺法六根自在光明真言薬師悔過

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

罪障の関連情報