コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不徳 フトク

デジタル大辞泉の解説

ふ‐とく【不徳】

[名・形動]
身に徳の備わっていないこと。
人の行うべき道に反すること。また、そのさま。不道徳。「不徳な(の)輩(やから)」「不徳漢」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふとく【不徳】

徳の足りないこと。徳が備わっていないこと。
人としての道にそむくこと。背徳。 「 -漢」
[句項目]

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

不徳の関連キーワードトラセア・パエツス同音語のアクセント不徳の致すところ後花園天皇であります憫笑・愍笑後鳥羽天皇賢路を塞ぐレンツルス滝沢馬琴花園天皇易姓革命売僧侍不徳義小官貪吝自殺相続徳政天下

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

不徳の関連情報