罫線(印刷)(読み)けいせん

百科事典マイペディアの解説

罫線(印刷)【けいせん】

活版印刷における線や輪郭をつくるための材料,またはその印刷された線。亜鉛板を活字の高さ(23.45mm)に切ってつくり,基本的なものの幅(板の厚さ)は活字の1ポイント(0.3514mm)あるいは1.3ポイントに当たる。表罫裏罫,双柱罫,無双罫,子持罫などのほか,種々の飾罫がある。写真植字法が盛んになってからは,写真植字機によって作った各種の線,また版下作製等で引いた線もふくめる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android