コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

罫線(印刷) けいせん

百科事典マイペディアの解説

罫線(印刷)【けいせん】

活版印刷における線や輪郭をつくるための材料,またはその印刷された線。亜鉛板を活字の高さ(23.45mm)に切ってつくり,基本的なものの幅(板の厚さ)は活字の1ポイント(0.3514mm)あるいは1.3ポイントに当たる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

罫線(印刷)の関連キーワード写真植字

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android