コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

罫線(印刷) けいせん

百科事典マイペディアの解説

罫線(印刷)【けいせん】

活版印刷における線や輪郭をつくるための材料,またはその印刷された線。亜鉛板を活字の高さ(23.45mm)に切ってつくり,基本的なものの幅(板の厚さ)は活字の1ポイント(0.3514mm)あるいは1.3ポイントに当たる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

罫線(印刷)の関連キーワード写真植字

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

罫線(印刷)の関連情報