(読み)ケ

デジタル大辞泉の解説

け【×罫】

けい(罫)」に同じ。
「四巻経書き奉るべき紙経師に打ちつがせ―かけさせて」〈宇治拾遺・八〉

けい【×罫】

文字をそろえて書くために、紙上に一定の間隔で引いた線。罫線。「の入った便箋」
碁盤(ごばん)などの上に引いた、縦横の筋。
輪郭や界線を印刷するために、活字と一緒に組む約物の一。表罫(おもてけい)裏罫(うらけい)飾り罫などがある。「で囲む」

けい【罫】[漢字項目]

[音]ケイ(慣)
文字の列を正しくするために引いた線。「罫紙罫線
印刷で、輪郭や筋を表す線。「表罫(おもてけい)
[難読]罫書(けがき)罫引(けびき)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

け【罫】

〘名〙
① =けい(罫)
※源氏(1001‐14頃)鈴虫「けかけたる金(かね)のすぢよりも、墨つきの、上にかがやくさまなども、いとなむ珍らかなりける」
② =けい(罫)

けい【罫】

〘名〙
① 文字の列をそろえるために紙上に引く線。一定の間隔で引かれた線。枠(わく)や輪郭を示すための線。古くは「け」。〔交隣須知(18C中か)〕
※破戒(1906)〈島崎藤村〉一四「よく西洋綴の帳面で、罫の引いたのが有ませう」
② 碁盤、将棋盤などの表面に引かれた、縦横の線。け。
③ 印刷で、輪郭やすじを表わす線。細いものを表罫(おもてけい)、太いものを裏罫(うらけい)、波線をブル罫といい、他に星罫、ミシン罫などがある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報