境港市(読み)さかいみなと

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

境港〔市〕
さかいみなと

鳥取県北西端,美保湾にのぞむ市。 1954年境町,外江町と渡,上道,余子,中浜の4村が合体して境港町となり,56年市制。弓ヶ浜砂州の北半を占め,境水道で島根半島先端部とへだてられる。集落は砂丘列上に発展し,縄文・弥生時代の遺物が出土する。中心市街地の境は近世西回り航路の寄港地として繁栄。境港は 1899年開港場に指定され,1931年満州事変後は中国北東部,朝鮮半島方面への要港となった。第2次世界大戦後は漁業の根拠地となり,50年重要港湾に,71年中海新産業都市に指定。洋材の輸入港としても繁栄。埋立地には木材工業団地や水産加工団地があり,米作のほか白ネギを産する。境水道大橋によって島根半島と結ばれ,隠岐諸島フェリー就航幕末の台場跡 (史跡) を整備した台場公園がある。 JR境線,国道 431号線が通じ,南端に米子空港がある。面積 29.02km2。人口 3万4174(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

事典 日本の地域遺産の解説

境港市

(鳥取県境港市)
怪遺産」指定の地域遺産(2007(平成19)年(第1回))。
水木しげるの出身地で、妖怪の銅像などが立ち並ぶ「妖怪ロード」などの街づくりが行われている。妖怪ファンにとっては一度は訪れたい聖地

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域遺産」事典 日本の地域遺産について 情報

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android