コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

義眼 ぎがんartificial eye

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

義眼
ぎがん
artificial eye

眼の病気,外傷などのため眼球を摘出したあと,あるいは眼球が縮小したような場合に,顔貌を整える目的で入れる,外観を自然眼によく似せてあるもの。視力をそなえることはできない。かつてはガラスが用いられたが,現在ではプラスチックが用いられている。磁力などを利用した可動性のものが開発され,健康な他方の眼と同じように動かすことができる眼もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ぎ‐がん【義眼】

手術で摘出した眼球の代わりに装着する、ガラスや合成樹脂製の眼球。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

義眼【ぎがん】

ガラスまたはプラスチックで前眼部の形を作ったもの。種々の疾患,外傷などによる眼球摘出後や眼球内容除去術のあとに結膜嚢内にはめ込む。外観を整えるためのもので,機能とは関係ない。
→関連項目国民医療費

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぎがん【義眼 prothesis】

ガラスあるいは合成高分子でできた眼の形をしたもので,外傷や手術によって眼球を摘出したあとや,炎症などによって眼球が萎縮した場合,また,生まれつき眼球が異常に小さいときなどに用いる。したがって,視力とは関係がなく,義手義足のように機能面に役立つことはなく,おもに見かけをよくするために使うものである。
[義眼の種類]
 使用する個人別に型や虹彩強膜の色などを特別に調製する特殊義眼と,既製品の義眼である普通義眼とがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ぎがん【義眼】

人工の眼球。入れ目。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

義眼
ぎがん

悪性腫瘍(しゅよう)(網膜芽細胞腫など)のために眼球を摘出したり、各種の眼病(全眼球炎など)によって眼球が軟化縮小して失明する眼球癆(ろう)の状態になったときなどに、外観を整える目的で結膜嚢(のう)に入れる人工の目をいう。眼球の前半部に非常によく似ており、初期ではガラス製であったが、現在では大部分がプラスチック製である。眼球摘出後に挿入された義眼は通常動かないが、側方を見たときに目だつ健眼との眼位の差を緩和させるために可動性の義眼がくふうされた。眼筋のうちの四つの直筋のなかに、眼球の後半部に相当する容積をもった台を挿入し、これに眼筋が付着するようにして健眼とともに動かすわけである。この義眼台の動きを義眼に伝えるため、突起や磁石が利用されている。可動性義眼は自然の外観に、より近くなる利点がある反面、義眼が脱落したり、義眼後面と結膜の間に死腔(しくう)ができて感染をおこしやすいなどの理由から、あまり普及していない。
 なお、眼球萎縮(いしゅく)時に眼球の上にかぶせて使用する一重義眼の動きはよい。また、ひどい角膜の白斑(はくはん)を覆い隠すために使用するコンタクト義眼もある。最近、オーダーメイドで健眼の虹彩(こうさい)や瞳孔(どうこう)とまったく同じ義眼の製作が可能になってきた。[箕田健生]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

義眼の関連キーワードパトリシア ピッチニーニ角膜移植とアイバンク蝶とヒットラー笑福亭 松光大下 宇陀児能島 武文北川冬彦ミイラ補装具入れ目入れ眼標本治癒剥製

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

義眼の関連情報