コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胡錦濤 こきんとうHu Jin-tao

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

胡錦濤
こきんとう
Hu Jin-tao

[生]1942.12. 上海
中国の政治家。 1964年中国共産党に入党,1965年清華大学卒業。専門の水利学を生かし甘粛省水利部門などに技師として勤務。当時甘粛省党委員会書記だった宋平・元政治局常務委員に見出され,1982年中国共産主義青年団 (共青団) 甘粛省委員会書記に就任し,党活動専任に転じる。 1984年共産主義青年団中央書記局第1書記,1985年貴州省党委員会書記,1988年チベット自治区党委員会書記を歴任。 1992年の第 14回中国共産党全国代表大会 (党大会) 後に中央政治局常務委員に抜擢され,1998年第9期全国人民代表大会 (全人代) 第1回会議で国家副主席,2002年第 16回党大会後に党中央委員会総書記,2003年第 10期全人代第1回会議で国家主席に選出され,中国の党機関と国家機関のトップに就任した。 1993年以降中国共産党中央党校の校長,1999年以降中国共産党中央軍事委員会副主席を務める。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こ‐きんとう〔‐キンタウ〕【胡錦濤】

[1942~ ]中国の政治家。安徽省出身。清華大学卒業。1964年中国共産党入党。1992年政治局常務委員、1998年国家副主席、2002年党総書記に就任。2003年国家主席に選出され、2005年3月国家中央軍事委員会主席に就任、党・国家・軍の三権掌握。2012年、党総書記・中央軍事委員会主席を退任後任習近平。フー=チンタオ。

フー‐チンタオ【胡錦濤】

こきんとう(胡錦濤)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

胡錦濤【こきんとう】

中国の政治家。2002年中国共産党総書記,2003年国家主席。上海生れ。1964年入党。清華大学水利工程学部卒業後,ダム建設などに従事し,1984年胡耀邦総書記に知られ共産主義青年団中央の第一書記,翌年党中央委員。
→関連項目中華人民共和国中国国民党薄熙來南スーダン

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

胡錦濤
こきんとう / フーチンタオ
(1942― )

中国の政治家。安徽(あんき/アンホイ)省績渓(せきけい)県出身。1964年中国共産党入党。北京(ペキン)清華大学卒業。1984年共産主義青年団第一書記。1985年党中央委員。同年貴州(きしゅう/コイチョウ)省党書記(1988年まで)。1988年チベット自治区党書記(1992年まで)。1992年政治局常務委員。1997年政治局常務委員第4位。1998年国家副主席。朱鎔基(しゅようき/チューロンチー)を筆頭とする清華大学グループのテクノクラートで、胡耀邦(こようほう/フーヤオパン)、喬石(きょうせき/チャオシー)(1924―2015)、宋平(そうへい/ソンピン)(1917― )ら党内有力者の後押しがあり、スピード出世したという。「第四世代」に属し、江沢民(こうたくみん/チアンツォーミン)の後継者の有力な一人と目された。2002年11月党総書記に就任。2003年3月の第10期全国人民代表大会第1回会議で国家主席に選出された。2004年9月党の中央軍事委員会主席、2005年3月国家中央軍事委員会主席に就任、これにより党・国家・軍の三権を掌握した。2007年10月党総書記、2008年3月国家主席に就任した。[渋谷 司]
『ウィリー・ラム著、相馬勝訳『新皇帝・胡錦濤の正体――中国第4世代指導者の素顔と野心』(2002・小学館) ▽辻康吾監修、祁英力著、おうちすえたけ編訳『胡錦濤と現代中国』(2002・勉誠出版) ▽NHK「中国」プロジェクト編著『21世紀中国はどう変貌するか』(2003・日本放送出版協会) ▽許介鱗・村田忠禧編『現代中国治国論――蒋介石から胡錦濤まで』(2004・勉誠出版) ▽矢吹晋著『中国の権力システム――ポスト江沢民のパワーゲーム』(平凡社新書)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

胡錦濤の関連キーワード北京オリンピック(2008年)対アフリカ政策(中国の)中国共産主義青年団派中国海軍と周辺諸国米中戦略経済対話二階氏の中韓訪問戦略的互恵関係チベット動乱科学的発展観米中戦略対話フーチンタオ平和的発展核心的利益北戴河会議金 正日劉 雲山呉 伯雄日中関係竹内康明劉 延東

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

胡錦濤の関連情報