コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肥後一揆 ひごいっき

百科事典マイペディアの解説

肥後一揆【ひごいっき】

近世初頭に起きた一揆肥後国衆(くにしゅう)一揆ともいう。1587年検地に反対して隈部親永(くまべちかなが)が主導する一揆勢が,5ヵ月にわたって領主佐々(さっさ)成政および豊臣秀吉が派遣した大名の軍勢と交戦に及んだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひごいっき【肥後一揆】

桃山時代,肥後の国衆によって引き起こされた検地反対の一揆。1587年(天正15)7月下旬から約5ヵ月間に及んで,時の領主佐々成政および豊臣秀吉派遣の大名軍と戦う。主導者は肥後北東部の旧隈府(わいふ)(現,熊本県菊池市)城主隈部(くまべ)親永で,彼が検地反対の一揆を起こすや,即座に旧菊池氏の有力家臣であった国衆や阿蘇氏の旧家臣であった国衆甲斐氏も参加し,ついに肥後の全国衆層に及んだ。またこの動きは豊前黒田領や肥前諫早地域にも波及した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

肥後一揆の関連キーワード桃山時代小西行長熊本藩阿蘇

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android