コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胃ポリープ いポリープstomach polyp

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

胃ポリープ
いポリープ
stomach polyp

胃の粘膜から発生して内腔に突出した上皮性の良性腫瘍をいう。自覚症状はほとんどないが,ときには胃の重圧感,食欲不振,吐き気,鈍痛など,慢性胃炎に似た症状を現すことがある。X線検査で容易に診断できる。ポリープは良性腫瘍であるが,癌とまぎらわしく,一般に直径が大きくなるにつれて癌化の可能性が高まる。ことに腫瘍性の大腸型のものは癌化することもあるので,前癌病変とさえいわれる。部分摘出を行うが,手術中に組織検査をして,少しでも癌の疑いのあるときは胃切除を行う。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いポリープ【胃ポリープ gastric polyp】

胃に発生したポリープ。ポリープ(ポリプ)とは,元来多数の触手をもつクラゲのような形の生物に対する呼名であるが,人体では鼻腔,消化管等管状の器官に発生したいぼ(疣)状の突出に対して用いられる。しかし,もともと形の形容から生じた病名のため,組織学的な診断との間には多少の混乱がある。胃内腔にいぼ状に突出するものには,上皮性の隆起と非上皮性の隆起がある。前者は胃内面の粘膜層上皮細胞から発生したものであり,後者はそれより深い層の筋肉や結合組織から生じたもので,それぞれ良性のものと悪性のものとがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

胃ポリープ
いぽりーぷ

胃の粘膜上皮が異常増殖して胃内腔(いないくう)に突出した病変をいう。その形状は多様で、有茎性のものをはじめ、半球状や扁平(へんぺい)型などもあり、表面が滑らかなものや凹凸のあるもの、また絨毛(じゅうもう)状のものもある。多くは単発性で、3個以上のポリープをもつ胃ポリポージスは約20%である。大きさは普通1センチメートル以内であるが、2センチメートル以上のものも少数ながらみられる。
 ポリープは厳密にいえば前述のように胃粘膜自身の病変であるが、臨床的にいえば胃粘膜の病変に限らず、胃粘膜が受動的に隆起させられたにすぎないものも含まれることが少なくない。このような胃の病変をみいだした場合、その病変が巌密な意味での胃ポリープであるかどうかを即座に鑑別できない場合が多く、将来はこれらの病変をまとめて「胃の隆起性病変」とよぶのが望ましい。ここでは従来の考え方による胃ポリープについて述べるが、まず問題になるのは、そのポリープが良性なのか、悪性あるいは悪性移行の可能性があるものかどうか、という点である。
 胃ポリープを2大別すると、経過的に良性のまま終始する再生性(過形成性)ポリープと、悪性化の可能性がある腫瘍(しゅよう)性の性格をもったポリープに分けられる。前者の癌(がん)化は3%前後といわれるが、後者では20~50%という高率である。治療法として現在は内視鏡的直視下生検を行い、組織学的検索の結果をみて経過観察をするか、ポリープだけ切除するか、あるいは胃切除をしなくてはならないかを決める。ポリープの切除の多くは内視鏡的ポリープ切除術が行われ、切除した病変について癌の有無を調べる。これを完全生検という。ポリープの形態からみると、表面が絨毛(柔突起)状のものは悪性化の可能性が強く、扁平のものは有茎性のものより注意を要する。大きさが5ミリメートル以内のものは経過を観察するが、10ミリメートルとなると完全生検の適応になる。内視鏡的ポリープ切除術は安全で、しかも有効性が認められているので、現在は積極的に行う傾向にある。[岡島邦雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

胃ポリープの関連キーワード胃ポリープ/胃腺腫大腸ポリープ胃粘膜下腫瘍胃カメラ

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

胃ポリープの関連情報