コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胆振総合振興局(読み)いぶり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

胆振〔総合振興局〕
いぶり

北海道南西部に設置された北海道の総合出先機関。1948年制定の北海道支庁設置条例に基づき,胆振支庁として設立。2009年制定の北海道総合振興局及び振興局の設置に関する条例に基づき,現名称となった。総合振興局所在地は室蘭市。所管区域は,室蘭市,苫小牧市登別市伊達市豊浦町洞爺湖町壮瞥町白老町安平町厚真町むかわ町の 11市町。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

胆振総合振興局
いぶりそうごうしんこうきょく

北海道庁の出先機関で、2010年(平成22)に、それまでの胆振支庁を改称・改組して設置された。組織体制および機能は地方自治法第155条に定める支庁と同格・同列で、とくに広域的な処理が効果をあげるような場合は、日高(ひだか)振興局管内に係わる事務を所掌することができる。局所在地は室蘭(むろらん)市。所管区域は北海道南部のは豊浦(とようら)、壮瞥(そうべつ)、白老(しらおい)、厚真(あつま)、安平(あびら)、むかわ、洞爺湖(とうやこ)の7町。その面積は2399.47平方キロメートル(一部境界未定)、人口6万0630(2010)。原則として市域は所管外であるが、室蘭、苫小牧(とまこまい)、登別(のぼりべつ)、伊達(だて)の4市を管轄下とする場合もあり、この4市域を含む面積は3698.00平方キロメートル(一部境界未定)、人口41万6289(2010)。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android