コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胆道ジスキネジー たんどうジスキネジーbiliary dyskinesia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

胆道ジスキネジー
たんどうジスキネジー
biliary dyskinesia

胆道運動失調症ともいう。 K.ウェストファールが提唱した (1931) 概念で,胆汁排出装置の純機能的障害と定義されている。右上腹部またはみぞおち疼痛,吐き気,嘔吐,ときに黄疸を伴うが,胆石症胆嚢炎胆管炎などの器質的疾患が証明されないときに診断できる。病型としては,緊張亢進性ジスキネジー,緊張低下性ジスキネジー,運動亢進性ジスキネジーがある。病因については,迷走神経緊張説,心因説のほかに,胆嚢を収縮させる消化管ホルモンの失調説もある。しかし,症状,胆管内圧の変化,手術所見などに相関がほとんどないため,本症を一つの疾患単位として認めることに疑問をもつ学者も多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たんどうジスキネジー【胆道ジスキネジー biliary dyskinesia】

ジスキネジーはもともとドイツ語で,運動障害を意味し,語源はギリシア語dyskinēsia。胆道(胆囊と胆管)に胆石,炎症や腫瘍などの器質的病変がないにもかかわらず,胆囊や胆道括約筋の運動・緊張異常が原因で,疼痛を訴える病態を指す。胆道の平滑筋組織は,胆囊,総胆管末端部(オッディ括約筋),胆囊頸部・胆囊管移行部(リュートケンズ括約筋)に発達しており,胆囊の収縮・弛緩の運動や括約筋の緊張状態の変動・保持,ならびに胆囊と括約筋の協調作用により胆汁の十二指腸への流出や胆囊内への流入・流出を調節している。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

胆道ジスキネジー
たんどうじすきねじー
biliary dyskinesia

胆道運動失調症、胆道機能不全ともいう。胆汁流出装置(オッデイ括約筋、胆管、胆嚢(たんのう))の機能障害によって生じる病態で、胆石症、胆道の炎症が除外されたものである。内科、外科、精神科の医師が個々の評価を行い胆道痛と診断した疼痛(とうつう)で、器質的な消化管疾患あるいはその他の腹痛の原因となりうる疾患の存在を示す臨床的根拠の欠如が必要である。
 症状としては胆石症を思わせる疼痛、右季肋(きろく)部(右側の最下方にある肋骨(ろっこつ)部)鈍痛、悪心(おしん)、便秘、下痢、全身倦怠感、食欲不振などがある。
 診断としては除外診断で、超音波検査、CT、磁気共鳴胆管膵管検査(MRCP)、直接胆道造影法などで胆道の器質的変化、結石の有無について十分に検討を加える必要がある。また、心身症、とくに過敏性腸管症候群、神経症を合併することがあり、診断上参考になる。
 治療方針は病態により多少異なるが、過労、暴飲暴食を避け、心因性の因子が考えられる場合には精神的な原因を除くことがたいせつで、鎮静剤、精神安定剤の投与も効果的である。[中山和道]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

胆道ジスキネジーの関連キーワード胆嚢摘出後症候群不随意運動胃腸神経症

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android