コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脊椎披裂(二分脊椎) せきついひれつにぶんせきつい Spina Bifida

翻訳|Spina Bifida

1件 の用語解説(脊椎披裂(二分脊椎)の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

せきついひれつにぶんせきつい【脊椎披裂(二分脊椎) Spina Bifida】

[どんな病気か]
 背骨が胎内(たいない)で発生する途中で、背部正中(はいぶせいちゅう)(背中の中央)の脊椎弓(せきついきゅう)の癒合(ゆごう)(くっつき)が不完全だったために、左右に分裂している病気です。脊髄膜(せきずいまく)や脊髄が、分裂している脊椎弓からはみ出し、皮膚が腫瘤(しゅりゅう)(こぶ)のように突き出します。これを嚢胞性二分脊椎(のうほうせいにぶんせきつい)といいます。
 逆に、脊椎弓が分裂している部分がへこんでいることもあって、この場合は、潜在性二分脊椎(せんざいせいにぶんせきつい)といいます。
[症状]
 生まれたときに、背部正中に腫瘤かへこみがみられます。腰仙部(ようせんぶ)に発生することが多いので、下肢(かし)(脚(あし))の運動障害膀胱直腸障害(ぼうこうちょくちょうしょうがい)(排尿、排便の障害)をともないます。多くは水頭症(すいとうしょう)を合併します。
[検査と診断]
 脳・脊椎のMRI検査で、水頭症の有無と嚢胞の中の脊髄神経の有無を確認します。
 胎児(たいじ)がこの病気になると、お母さんの血液中のアルファフェトプロテインという物質の値が高くなりますし、嚢胞性二分脊椎は、超音波断層法で映ることが多いので、出生前の診断が可能になりました。
[治療]
 嚢胞性二分脊椎は、感染症を防ぐために、早急に手術をして腫瘤を切除し、膀胱直腸障害に対する機能訓練を行ないます。
 潜在性二分脊椎で無症状の場合は、慎重に経過を観察します。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

脊椎披裂(二分脊椎)の関連キーワード背骨胎内仏胎内市傴僂胎内胎内潜り何心地不死身プリマドンナ二枚下し

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone