コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高踏 コウトウ

デジタル大辞泉の解説

こう‐とう〔カウタフ〕【高踏】

俗な気持ちを捨てて、気高く身を処すること。
「―の遺風あるを慕うて」〈織田訳・花柳春話

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうとう【高踏】

地位・金銭など世俗の欲望を超越して、気位を高く保つこと。 「古人-の遺風あるを慕ふて/花柳春話 純一郎

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

高踏の関連キーワードカール・ヨハン・グスタヴ スノイルスキーアルベルト・デ オリヴェイラジェラール ドゥーヴィルカチュール マンデスルコント・ド・リールマチャド・イ・ルイスエルバート ハバードシュリ・プリュドムシュリ・プリュドムララビンサンジルウーノ カイラスルコントドリールパルナシアンプリュドムエレディアサンポール日夏耿之介伊良子清白A. メラフランス

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高踏の関連情報