コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脱法ドラッグ ダッポウドラッグ

5件 の用語解説(脱法ドラッグの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

だっぽう‐ドラッグ〔ダツパフ‐〕【脱法ドラッグ】

危険ドラッグ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

脱法ドラッグ

覚醒剤や大麻と似た作用がある化学物質を含んだ薬物。錠剤や液体のタイプがあり、このうち化学物質を乾燥ハーブ片に吹き付けたものを脱法ハーブと呼ぶ。たばこに混ぜたりパイプにつめたりして吸引すると興奮やけいれん、幻覚症状が現れ、依存性も強い。インターネットや店で1グラム1千~2千円程度で販売されている。厚生労働省によると、2007年ごろから国内で広がり始めた。薬事法で指定薬物とされた化学物質が順滋取り締まりの対象になったが、規制の網にかからない「脱没をうたう新種が執に登場。違法なものとそうでないものが混在する状況になっている。厚労省などは今月、新名称の公募を始めた。

(2014-07-11 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

脱法ドラッグ【だっぽうドラッグ】

法に基づく規制の対象とされない薬物。麻薬と同じように,幻覚,興奮,酩酊(めいてい)の効果をもたらすケミカルドラッグなどの物質を指している。厚労省は違法ドラッグと呼んでいる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

だっぽうドラッグ【脱法ドラッグ】

取り扱いや服用が違法ではないと解釈されている向精神薬類の総称。法律の規定には反せず、取り締まられてはいないが、取り締まりを必要とする立場で用いられる語。 → 合法ドラッグ

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

脱法ドラッグ
だっぽうどらっぐ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

脱法ドラッグの関連キーワード化学物質審査規制法抗ビタミンオーガニック化学物質MSDSケミカルヒートポンプ内分泌攪乱化学物質バイナリー兵器室内環境汚染化学物質覚醒剤中毒

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

脱法ドラッグの関連情報