コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脱法ドラッグ ダッポウドラッグ

デジタル大辞泉の解説

だっぽう‐ドラッグ〔ダツパフ‐〕【脱法ドラッグ】

危険ドラッグ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

脱法ドラッグ

覚醒剤や大麻と似た作用がある化学物質を含んだ薬物。錠剤や液体のタイプがあり、このうち化学物質を乾燥ハーブ片に吹き付けたものを脱法ハーブと呼ぶ。たばこに混ぜたりパイプにつめたりして吸引すると興奮やけいれん、幻覚症状が現れ、依存性も強い。インターネットや店で1グラム1千~2千円程度で販売されている。厚生労働省によると、2007年ごろから国内で広がり始めた。薬事法で指定薬物とされた化学物質が順滋取り締まりの対象になったが、規制の網にかからない「脱没をうたう新種が執に登場。違法なものとそうでないものが混在する状況になっている。厚労省などは今月、新名称の公募を始めた。

(2014-07-11 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

百科事典マイペディアの解説

脱法ドラッグ【だっぽうドラッグ】

法に基づく規制の対象とされない薬物。麻薬と同じように,幻覚,興奮,酩酊(めいてい)の効果をもたらすケミカルドラッグなどの物質を指している。厚労省は違法ドラッグと呼んでいる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

だっぽうドラッグ【脱法ドラッグ】

取り扱いや服用が違法ではないと解釈されている向精神薬類の総称。法律の規定には反せず、取り締まられてはいないが、取り締まりを必要とする立場で用いられる語。 → 合法ドラッグ

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

脱法ドラッグ
だっぽうどらっぐ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

脱法ドラッグの関連情報