脱落膜(読み)だつらくまく

百科事典マイペディアの解説

脱落膜【だつらくまく】

子宮粘膜妊娠に際し,肥大増殖して厚く柔らかく変化したもの。受精卵の着床によってこの変化が始まり,後にその一部は胎盤の構成にあずかる。分娩(ぶんべん)後に剥離(はくり)脱落するのでこの名がある。子宮粘膜は月経周期に応じても同様の変化を繰り返しており,この際の厚くなった粘膜は月経脱落膜(仮脱落膜)といい,これに対し本来の脱落膜を妊娠脱落膜(真脱落膜)と呼ぶ。
→関連項目絨毛膜

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

だつらくまく【脱落膜 decidua】

妊娠のために特異な変化を起こしている子宮の粘膜をいう。その大部分胎児出産のすぐあとで外に出され,捨てられることから,この名がある。子宮の粘膜すなわち内膜は,妊娠のとき以外には約4週の周期をもって一定の変化をくり返している。受精卵が初期分裂をしながら卵管を下って子宮に入り,月経前期の厚くて柔らかい内膜に着床すると,子宮内膜平時の周期的変化を中止して,もっぱら胎児を育て,これを守ることに全力をつくすものとなる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

だつらく‐まく【脱落膜】

〘名〙 妊娠によって特異な変化を起こしている子宮の粘膜。出産の際に大部分が体外へ排出されるのでこの名がある。〔医語類聚(1872)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の脱落膜の言及

【妊娠】より

…着床部位は正常の場合は子宮腔内の壁であるが,子宮外のこともあり,この場合は子宮外妊娠となる。 受精卵が着床すると,子宮内膜はさらに肥大増殖して脱落膜deciduaとなる。卵の着床した基底部の脱落膜を基底脱落膜または床脱落膜といい,受精卵の進入口すなわち卵の表面に形成される内膜を被包脱落膜,卵に直接関係のない残りの脱落膜を壁側脱落膜という。…

【妊娠】より

…着床部位は正常の場合は子宮腔内の壁であるが,子宮外のこともあり,この場合は子宮外妊娠となる。 受精卵が着床すると,子宮内膜はさらに肥大増殖して脱落膜deciduaとなる。卵の着床した基底部の脱落膜を基底脱落膜または床脱落膜といい,受精卵の進入口すなわち卵の表面に形成される内膜を被包脱落膜,卵に直接関係のない残りの脱落膜を壁側脱落膜という。…

※「脱落膜」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報